新刊・近刊

書肆山田





近刊 馬場駿吉エッセイ集
意味の彼方へ
  ――荒川修作に寄り添って

複眼的、領域横断的な視点を共有思考基盤とする私は、荒川修作から終生、篤い信頼と友情を寄せられて来た。本書にはそれに応えるエクリチュールと貴重な証言を収めた。

馬場駿吉

馬場駿吉 1932年名古屋市生れ。俳人。美術評論家。名古屋市立大学名誉教授(耳鼻咽喉科学)、愛知県立芸術大学客員教授、名古屋ボストン美術館館長。評論『加納光於とともに』『星形の言葉を求めて』『時の晶相』『サイクロラマの木霊』『液晶の虹彩』句集『耳海岸』『幻視の博物誌』『海馬の夢』『夢中夢』『薔薇色地獄』『断面』

12月20日発売予定 四六変 154ページ(図版16ページ) 2160円(本体2000円+税)




新刊 是永駿詩集
宙の上

明滅する意識のゆらぎの中から立ち現れる心象。思惟と官能とが合体し、明瞭な音節となって発せられる。言葉が音声的官能を帯びて詩語となる瞬間、詩が成立する――と思っている。

是永駿

是永駿 1943年門司市生れ、大分市で育つ。中国現代文学、とりわけ現代詩の翻訳紹介に専心する。訳書に北島『北島(ペイタオ)詩集』詩集『ブラックボックス』小説『波動』芒克詩集『時間のない時間』『芒克(マンク)詩集』(藤村記念歴程賞)『戈麦(ゴーマイ)詩集』など、共編訳書に『台湾現代詩集』『現代中国詩集』などがある。


そらのうえ──そこでも、やわらかな雨が谷を
ぬらし、小鳥と少女はさらなる天空をめざし、
男たちは迷い行き、女たちも時には笑みをこぼ
し、白い花びらが音もなく散る、のだろうか…。

A5変 96ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-949-2 C1092 \2400E





新刊 瀧克則詩集
道隠し

能面を打っている。打ち始めた頃は見えていなかった様々なところが、作を重ねるにつれて見えてくる。分厚い木の塊を彫り身の部分を削ぎ落すと、遙かなる時の表情が浮かび上がる。

瀧克則

瀧克則 1948年、大阪・堺市生れ。詩集『足の冷える場所』『墓を数えた日』(第一回小野十三郎賞受賞)『軟體』『器物』『水の根』

見るべきものを見させ、
あまつさえ見えないものをも
見させる細道にわけ入る。
今と未来を隔て繋ぐものでありながら、
深い渓に迷わせるであろう道をたどる。

A5変 110ページ 2700円(本体2500円+税) 装画装幀=倉本修 ISBN978-4-87995-948-5 C1092 \2500E




新刊
高柳誠詩集成

自らの資質に沈潜することと、詩の新たな領域を開拓することは、果たして両立可能なのか――そんな思いを秘めて書いた作品群である。各作品の手応えは今でも覚えているのだが…。

高柳誠

高柳誠 1950年、愛知県名古屋市生れ。詩集『高柳誠詩集成I』『月の裏側に住む』『大地の貌、火の声/星辰の歌、血の闇』『光うち震える岸へ』『鉱石譜』『廃墟の月時計/風の対位法』{『半裸の幼児』『夢々忘るる勿れ』『万象のメテオール』『イマージュへのオマージュ』}『』『樹的世界』『アダムズ兄弟商会カタログ第23集』『都市の肖像』(高見順賞)『綾取り人』『卵宇宙/水晶宮/博物誌』(H氏賞)『アリスランド』、『高柳誠詩集』、詩画集{『月光の遠近法』(画=建石修志)『星間の採譜術』(画=小林健二)『触感の解析学』(画=北川健次)}(以上三点で藤村記念歴程賞)、訳詩集『詩の標本箱』(訳=浅井イゾルデ)、エッセイ集『詩論のための試論』(近刊)『リーメンシュナイダー』『日本の現代詩』(共著=那珂太郎・時里二郎)ほか。本集成には、波括弧で囲んだ四詩集、三詩画集を収録。


詩の言葉──虚の淵から噴出し、私たちの内部に塞ぎがたい幾つもの穿孔をうがつ。

四六 482ページ 4104円(本体3800円+税) 栞=柄澤齊・山尾悠子 装幀=白井敬尚 ISBN978-4-87995-947-8 C1092 \3800E





新刊 能祖將夫詩集
魂踏み

七年ぶりの詩集として『魂踏み』と『あめだま』を同時に出すことにした。『魂踏み』には夕焼けや魂を巡る幻影のような詩を中心に41篇。今を生きる抒情を自らに問いながら。

能祖將夫

能祖將夫 1958年愛媛県新居浜市生まれ。第一詩集『曇りの日』、2015年第4回びーぐるの新人、神奈川県相模原市在住。

A5変 114ページ 2376円(本体2200円+税) 装画=三嶋典東 ISBN978-4-87995-945-4 C1092 \2200E




新刊 能祖將夫詩集
あめだま

七年ぶりの詩集として『あめだま』と『魂踏み』を同時に出すことにした。『あめだま』には実生活に材をもとめたものを中心に30篇。日々を生き抜く抒情を自らに課しながら。

能祖將夫

能祖將夫 1958年愛媛県新居浜市生まれ。第一詩集『曇りの日』、2015年第4回びーぐるの新人、神奈川県相模原市在住。


A5変 114ページ 2376円(本体2200円+税) 装画=三嶋典東 ISBN978-4-87995-944-7 C1092 \2200E





新刊 四ッ谷龍句集
夢想の大地におがたまの花が降る

一句で世界のすべてを表現することが可能ではないだろうか。万物と人と俳句のあいだに共通するかたちがある。東と西の土地を歩きながら、その仕組みを考えた。

四ッ谷龍

四ッ谷龍 1958年生れ。俳人。1983年、現代俳句評論賞受賞。個人誌「むしめがね」編集発行人。句集『大いなる項目』『セレクション俳人22・四ッ谷龍集』『慈愛』、共著『LES HERBES M'APPELLENT〔草に呼ばれぬ〕』(冬野虹・ティエリー・カザルスとの共著)ほか。

反響し、谺する言葉。
揺れ続ける音と形象の境を浮遊する…憂鬱
からの恢復…武蔵野の地形の探求…災禍の
衝撃…天界と冥界の混交…全感覚の融合…

おがたま〔小賀玉、招霊〕:
モクレン科オガタマノキ属の常緑高木。三月から四月にかけて、直径3cmの花をつける。12枚の細い花被片は、尖のほうが白く、基部がうす赤い。モクレン科特有の甘い香りがするが、その芳香は儚いものである。神木として扱われ、熊野速玉大社、京都白峯神宮などの境内に植えられたものがとくによく知られている。自生の北限は房総半島南部で、東京以北に野生状態の木を見ることは稀である。

四六変 144ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-943-0 C1092 \2400E




新刊 鈴木志郎康詩集
化石詩人は御免だぜ、でも言葉は。

どんどん詩が書ける。良し悪しはともかく、次々に詩が書けるのが楽しく嬉しい。八十歳を越えてまるで高校生の頃のようだ。その老人の初々しさに付き合ってもらえれば、また嬉しい。

鈴木志郎康

鈴木志郎康 1935年生れ。詩集に『どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた』『ペチャブル詩人』(丸山豊記念現代詩賞)『攻勢の姿勢』『声の生地』(萩原朔太郎賞)『胡桃ポインタ』(高見順賞)『石の風』『遠い人の声に振り向く』『タセン(躱閃)』『わたくしの幽霊』『家の中の殺意』『家庭教訓劇怨恨猥雑篇』『罐製同棲又は陥穽への逃走』(H氏賞)ほか、評論集に『結局、極私的ラディカリズムなんだ』『映画素志』『写真有心』『いま、詩を書くということ』『穂先を渡る』『純粋身体』『純粋桃色大衆』ほか、写真集に『眉宇の半球』、映像作品に『山北作業所』『内面のお話』『風の積分』『15日間』『写さない夜』『草の影を刈る』『日没の印象』ほか。


生きるから詩を書く。「極私詩」27篇。
ホイチャッポ、チャッポリ。新詩集。

菊変 258ページ 3240円(本体3000円+税) 装画=海老塚耕一 ISBN978-4-87995-942-3 C1092 \3000E





新刊 服部誕詩集
おおきな一枚の布

長く関西に暮らしていると、関西に関わる大きな事故や災害は不思議と、5のつく年に起こるものだと覚悟していた。夕べの事故と明け方の地震。いまもその非日常の夢を見る。

服部誕

服部誕 1952年、兵庫県芦屋市生れ。現在は大阪府箕面市在住。詩集『空を飛ぶ男からきいたという話と十八の詩篇』『首飴その他の詩篇』

冷徹なリアリズムと奇怪な幻想を携えて、作者は突然現れて、私たち詩仲間を驚かせた。サラリーマン生活者の苦い酒と家族の肖像が正しく刺繍されている一枚の大きな布。定年を過ぎて、作者の中の何者かが、深いいたわりをもって、丁寧にその人生の布を畳もうとしている。それはほとんど祈りに似た行為である。包まれた布から最終電車の悲鳴に似たベルが今なお聞こえて来る。出色の詩集と思う。─以倉紘平

A5略フランス装 88ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-941-6 C1092 \2400E




新刊 打田峨者ん句集
有翼樹

葦間に水漬くハイヒール/羽ばたかず手は膝のうへ夕端居/このたびは良夜のはうへ暮れゆけず/脳天の皺ぱつくりとチビ太寒(ザム)/見かけしが家猫もはや恋の猫

打田峨者ん

打田峨者ん 1950年生れ。俳人。俳画者(内田峨)。句歴28年、無所属。句集に『楡時間』『光速樹』『暴君龍忌』等。


ユーラシア葦間に水漬くハイヒール(連作)
羽ばたかず手は膝のうへ夕端居
月仰ぐ喪装の集団 神楽坂(句日記)
このたびは良夜の方へ暮れゆけず
脳天の皺ぱっくりとチビ太寒(ザム)(雑之部)

見かけしが家猫もはや恋の猫(春之部)
地平線 昏(クラ)き雪眼に水草(ミクサ)(オ)
しんがりも有刺線(バラセン)くぐり風光る
佐保姫のいらち踏み脱ぐ霞かな

A5変 164ページ 2700円(本体2500円+税) 飾画=内田峨 ISBN978-4-87995-940-9 Cl092 \2500E




りぶるどるしおる 82

新刊 矢野静明エッセイ集
日本モダニズムの未帰還状態

先に上梓したゴッホ論のテーマでもあった「別の近代」を提示する試みを引き継ぎ、今回は、モダニズムの単一性へと帰着する回路を脱け出て、更新され変容し続けるための二重性の創出へと向かう方途を探った。

矢野静明

矢野静明 1955年生れ。画家。著書に『矢野静明作品集成』『絵画以前の問いから』、個展「線描に関する断章」「色彩に関する断章」「種差enclave」「移動・移民」「アルトープール」「図形に向かって滲みだす」「映像からの落ち穂拾い」「異種交配を」ほか。

瀧口修造・北園克衛・鮎川信夫はいかに考えたのか。
問い返す矢野静明
瑛九・靉光・ベーコン・ゴッホはどのように描くのか。

世界を構成しながらも世界と対立する20世紀の、そして今世紀の芸術家たち…人はどのような思考に拠れば世界と共に、今をあらしめ、今を変容させ続けられるのか。絵画現場からの問い。

四六変 258ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-939-3 Cl370 \2800E




りぶるどるしおる 81
新刊 石井辰彦歌集
逸げて來る羔羊

様々な主題を技巧を尽して表現する詩的実験として、10首一連の連作短歌を作り続けて来た。その内の近什60篇を集成する。内省的だが攻撃的でもある、特別な歌集となった。

石井辰彦

石井辰彦 1952年生れ。歌人。創作に『ローマで犬だつた』『詩を弃て去つて』『蛇の舌』『全人類が老いた夜』『百花残る。と聞きもし、見もし……』(共同制作=西山美な子)『海の空虚』『バスハウス』『墓』『七竈』、評論『現代詩としての短歌


にげてくるこひつじ─そのおののきとあらがい 石井辰彦 連作短歌 …一匹(イッピキ)の羔羊(こひつじ)が逸(に)げ來る

嗟嘆とともにあるほかない、未来へのひそやかな呼びかけ……白皙の(敗衣の)羊飼に問ふ。─何故に爾の羊は鳴かぬ/是の世の誰そ彼時に、ひとり問ふ。─何故あの夏に死ななかつたか?

四六変 268ページ付録16ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-936-2 Cl392 \2800E





新刊 相澤啓三歌集
音叉の森

かつて声の森にわけ入り未聞の世界に共振した詩人が、いま重なる「苦」の下に遠鳴のように起きたこと、起こることに耳をこらす。その時、文語定型の軛が弾みのある翼ともなった。

相澤啓三

相澤啓三 1929年生れ。詩集『冬至の薔薇』『交換』『マンゴー幻想』(高見順賞受賞)『孔雀荘の出来事』『五月の笹が峰』『沈黙の音楽』『罪の変奏』『眼の殃』『ミス・プリーのとろけもの園遊会』『墜ちよ少年』『裸のままの十の詩その他の詩』『肉の鋏』『声の森・水の肋』『北方』『狂気の処女の唄』、歌集『光源なき灯台』『風の仕事』、詩画集『悪徳の暹羅雙生児』(画=建石修志)『魔王連祷』(画=横尾龍彦)、旅行記『仏陀の旅』(写真=福田徳郎)、音楽評論『オペラ・アリア・ベスト101』『オペラ・オペラ・オペラ―天井桟敷のファンからの』『オペラ知ったかぶり』『オペラ・アリア・ブック』『オペラの快楽』『音楽という戯れ』『そして音楽の船に』『猫のための音楽』

滅びの相の下に起きたこと、起ころうとすることに耳をこらす──詩人の魂に記憶の歎きと予兆の響きを伝える弾みある翼・短歌の形

樫の木の緑重しと見ゆるときさゆらぐ峡(かひ)の林を恋へり
ダンベルで鍛へ水夫と抱き合はむコルヴォー男爵に貴腐の雉肉
手術室へ病院の迷路押し渡り死の舟となるベッドもあらむ
ひたひたと鉄階段をひたくだり事の外側にいつまで生くる
ワイングラスかたへに愛の楽章をい寝(ね)ぬそのまま覚めざらましを

A5変 180ページ 3024円(本体2800円+税) 装画=建石修志 ISBN978-4-87995-938-6 Cl092 \2800E




新刊 峰岸了子詩集
夢みる卵と 空の青

ふつふつ心に湧いてくるもの。時間と共にますます色濃く鮮明になっていく、その思いや考えを単なる描写や印象で終わらせず、少ない言葉で多くを伝えたい。ギリギリの極みで。

峰岸了子

峰岸了子 1944年生れ。詩集『ことばあそび』(画=こがしわかおり)『いつしか 風になる』『かあさん』『恋文みたいに』『私の神は』『過去からの手紙』『三月の溺死』『たかが詩されど詩』『未知の季節に生きるのは』『習性のためのデッサン』『さらにもうひとつの朝が』アンソロジー『Continuation of Tomorrow 明日の続き』


やがてすべてが終わると
俺のあとを埋めるかのような
小さないのちの灯りが

そしてまた 物語が始まる

A5変 106ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=峰岸伸輔 ISBN978-4-87995-937-9 Cl092 \2500E





新刊 稲垣瑞雄未刊行詩集
点滅する光に誘われて

この詩集は夫・稲垣瑞雄が自分の手で出版したいと思っていた詩集です――楢信子/2013年に闘病の末に亡くなった詩人が、病床でもペンを手放さず、筐底に置いて夫人に託した詩作群を集成。

稲垣瑞雄 1932―2013。愛知県豊橋市出身。62年、同人誌「ドン」に参加。74年から楢信子と二人誌「双鷲」を年2回発行。詩集『半裸の日々』『淡きものたちよ』『地の魚 星の魚』『月と蜉蝣』『神の礫』『海亀に聴け』『音の絵』、短篇小説集『泰山木』『鮎のいる川』『朱光院』『銀しゃり抄』『風の匠』『砂の記憶』『石の証言―米軍捕虜虐殺事件』『残り鮎』

いのちあるものたちへの慈しみを隠し抱きながらも、強靭な諧謔精神と痛快な言葉遊びと激しい叛きの姿勢を保持しつづけることによって、生の深奥へ降り行く詩人──未刊行詩群を集成

A5変 206ページ 3024円(本体2800円+税) 装幀=中島浩 ISBN978-4-87995-935-5 C1092 \2800E




新刊 河崎征俊詩集
渋田川幻想

詩は一瞬に生まれる丸い水滴のようなもの。どんなに小さくても小さな宇宙を保っているのだから。時の流れの中で自らの存在の意味を問う詩人の魂のさけびに耳を傾けていただきたい。

河崎征俊

河崎征俊 1944年生れ。詩集『夜へむかう陰影のオード』『海でカケスが翔んでいる風景』『ショパンの眠り』『閉ざされた沈黙』、翻訳書にフライ『同一性の寓話―詩的神話学の研究』ナイト『煉獄の火輪―シェイクスピア悲劇の解釈』ほか、研究書に『チョーサーと英米文学』『テクストの言語と読み』『中世文学への巡礼の道』『ワーズワス「序曲」論集』『チョーサーの「バースの女房」をめぐって』『チョーサーの詩学』『チョーサー文学の世界』ほか。


すきとおった水滴のような詩の言葉──小さな記憶の織り成す枝道を転びゆき、細い叫びのような生の無数のふるえを集め、宇宙大の水滴幻像を映し出す。

菊変 234ページ 3240円(本体3000円+税) 栞=東雄一郎・井上輝夫・繁尾久 ISBN978-4-87995-934-8 Cl092 \3000E




図書館協会選定図書
りぶるどるしおる 80

新刊 笠井叡
カラダと生命――超時代ダンス論

カラダは常に時代を呼吸し、時代と共に生きています。こんな時代になるとは…天と地、光と闇がひっくりかえるような…この本は昨年一年間の、現在進行形の戦いから生まれた文章です。

笠井叡

笠井叡 1943年生れ。舞踏家。大野一雄・土方巽に親炙し、多くの舞踏公演を世界各地で行う。またオイリュトミーシューレ天使館を主催する。著書に『カラダという書物』『未来の舞踊』『神々の黄昏』『精霊舞踏』『天使論』、写真集に『透明迷宮』(写真=細江英公)『銀河革命』『ダンスドゥーブル』など。

身体とともに時代の中に在るということ
考え尽す 笠井叡
時空を超えて、今あろうとする命、ということ

混迷と変容の真只中に在る21世紀の人間──植物生命動物生命を摂取することで鉱物を体内に獲得する人間生命は、今や、悠久の鉱物生命の一環としてのみ在り得るのではないか。

四六変 460ページ 3456円(本体3200円+税) 写真=神山貞治郎 ISBN978-4-87995-933-1 Cl373 \3200E




図書館協会選定図書
新刊
高柳誠詩集成I

初期の七詩集を収めた詩集成である。遠いようで近い、近いようで遠い、不思議に遠近感を失った世界に感じられる。個々の詩的宇宙が七つまとまると、どんな相貌を見せてくれるのだろう。

高柳誠

高柳誠 1950年、愛知県名古屋市生れ。詩集『月の裏側に住む』『大地の貌、火の声/星辰の歌、血の闇』『光うち震える岸へ』『鉱石譜』『廃墟の月時計/風の対位法』『半裸の幼児』『夢々忘るる勿れ』『万象のメテオール』『イマージュへのオマージュ』{『』『樹的世界』『アダムズ兄弟商会カタログ第23集』『都市の肖像』(高見順賞)『綾取り人』『卵宇宙/水晶宮/博物誌』(H氏賞)『アリスランド』}(本集成には波括弧で囲んだ7詩集を収録)、詩画集『月光の遠近法』(画=建石修志)『星間の採譜術』(画=小林健二)『触感の解析学』(画=北川健次)(以上三点で藤村記念歴程賞)、集成詩集『高柳誠詩集』、訳詩集『詩の標本箱』(訳=浅井イゾルデ)、エッセイ集『詩論のための試論』(近刊)『リーメンシュナイダー』『日本の現代詩』(共著=那珂太郎・時里二郎)ほか。


「世界」と「私」の間にあって、「詩の言葉」は何を生きるのか──生のたぎりをあらしめ、映し出し、虚の深淵に投げ込むのではなかろうか。

四六 474ページ 4104円(本体3800円+税) 栞=高山宏・阿部日奈子 装幀=白井敬尚 ISBN978-4-87995-932-4 C1092 \3800E





新刊 高啓詩集
午後の航行、その後の。

「おれ」は左遷され、二男に子ができる。するとメトロポリスの女は去っていき、末期がんの蒔絵師は死ぬ。雪坂下の女に通いつつも、故郷の女に拒絶され、それを口実に「おれ」は故郷を捨てる……。

高啓

高啓 1957年、秋田県生れ。山形市在住。詩集『女のいない七月』『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』『母を消す日』『母のない子は日に一度死ぬ』ほか。

流れにつかり、小舟を推す。
片腕に
悪い心を詰め込んだ袋をぶら下げ
むずかる幼い者を抱きながら。
──きみは生きたいように生きることができるか。

A5変 80ページ 2592円(本体2400円+税) 装画=宮﨑恵子 ISBN978-4-87995-931-7 Cl092 \2400E




新刊 相沢正一郎詩集
風の本――〈枕草子〉のための30のエスキス

眉にしわを寄せず、寝そべって読んでください。眠ってしまったって、かまいません。あなたが目をさましたとき、あしもとの日々がこの本のページと地続きでありますように。

相沢正一郎

相沢正一郎 1950年生れ。詩集『プロスペロ―の庭』『テーブルの上のひつじ雲/テーブルの下のミルクティーという名の犬』(藤村記念歴程賞受賞)『パルナッソスへの旅』(H氏賞受賞)『ミツバチの惑星』『ふいに天使が きみのテーブルに着いたとしても』『リチャード・ブローティガンの台所』ほか。


風がやってきて本のページを繰る。
ページの陰に潜んでいたものたちが身を起す。
とぼとぼ辿るデコボコ坂でわたしを追い越し
一千年後の不安な目覚めへと吹き送られる。

A5変 100ページ 2592円(本体2400円+税) 装画=相沢律子 ISBN978-4-87995-930-0 Cl092 \2400E





新刊 野村喜和夫詩集
久美泥日誌

本書はわが「抒情小曲集」。若い「ぼく」と老いた「私」が恋する主体を分有しつつ、「久美泥」(クミネ=組み寝?)を織り上げていきます。暴動の匂い、夜の武蔵野、脳梁をつたう水…

野村喜和夫

野村喜和夫 1951年生れ。詩集『芭(塔(把(波』『難解な自転車』(歴程賞)『ヌードな日々』『ZOLO』『言葉たちは芝居をつづけよ、つまり移動を、移動を』『plan14』『稲妻狩』『スペクタクル』『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)『幸福な物質』『風の配分』(高見順賞)『草すなわちポエジー』『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)『わがリゾート』ほか、エッセイ・評論に『萩原朔太郎』(歴程賞)『移動と律動と眩暈と』(鮎川信夫賞)『詩のガイアをもとめて』『オルフェウス的主題』『現代詩作マニュアル』『金子光晴を読もう』『二十一世紀ポエジー計画』『散文センター』など、ほかに翻訳・詩画集がある。

かつての日
きみはぼくの前に出現した。
まばゆいばかりの姿で。

今、
星を食べる者、行く先を知らぬまま歩く者、
──老いた私。
脳の皺のそちこちに、
魂の中心にぽっかりあいた穴に、
見え隠れする
きみ。

A5変 96ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-929-4 Cl092 \2400E




新刊 岩辺進写真エッセイ集
ケンポナシの木蔭で

でんぐりかえってホイ でんぐりかえってホイ ハリネズミといっしょにひと巡り 手のひらサイズのワンダーランド

岩辺進

岩辺進 1949年静岡市生れ。詩集『メンドリが唄えば』『危険な下り坂』(中日詩賞新人賞)ほか


野原を歩む
鳥たち花たち虫たちと蜂飼う人と……
広い野原の日々に小さな輝きを見せるものたち。

四六変 96ページ 1296円(本体1200円+税) 写真=岩辺進 ISBN978-4-87995-927-0 C1095 \1200E





新刊 朝倉勇・脇田和詩画集
女のひとと鳥

いい絵を見ると、イメージがふくらみ、自然に言葉が浮かんできます。脇田和さんの絵には、心をふくらませる力が備わっているのでしょう。浮かんだ言葉もニュアンスのあるものとなり、絵と言葉はハーモナイズされます。フランス語訳の詩も入れ、ハーモニーをふくらませてみました。

朝倉勇

朝倉勇 1931年生れ。詩集『散骨の場所』『みてみたい』『田園スケッチ』『鳥の歌』(丸山豊記念現代詩賞)『麻布仙台坂の日曜日』『神田川を地下鉄丸の内線電車が渡るとき』『鬼の蟲』『十月の幕』『掟』、物語『ポールと小鳥』(絵=安野光雅)
脇田和 1908─2005。画家。ベルリン国立美術学校に留学。帰国後、小磯良平・猪熊弦一郎らと新制作派協会を結成。東京芸術大学で教鞭をとった。主な作品に『窓』『対話する鳥たち』など。

B5変 38ページ 2160円(本体2000円+税) 協力=脇田美術館 仏訳指導=ミレイユ・ラサモエラ 装幀=サダヒロカズノリ ISBN978-4-87995-923-2 Cl092 \2000E




新刊 青山雨子詩集
ナポレオン食堂

詩は、日本語を使うすべての人のものだ。女が書く詩は男に向けられるべきだし、そのように世の中が熟成していけば、いつか男が書く詩が女に向けられるようになると思う。

青山雨子

青山雨子 1961年福井県武生市(現越前市)生れ。詩集『芭蕉』『レモン』『白い地図』『暇な喫茶店』『階段のさき』


おーい、その先は国境だぞ──そんなことは気にも留めない。入り
乱れる記憶と夢と現実の境を踏み越えてゆく賑かな人たちの足取り。

A5変 88ページ 2592円(本体2400円+税) 装幀=青山咲子 図案=田畑裕三郎 ISBN978-4-87995-926-3 C1092 \2400E





新刊 熊沢加代子詩集
自画像のための忠実な画布

詩は言葉で描かれる一枚の自画像なのかもしれません。鏡に映る諸々のもの、さらには鏡に映らないものをも描き得た時、詩は画布の中に内なるものを視ることができるのでしょう。

熊沢加代子

熊沢加代子 1947年福岡県生れ。詩集『子供の情景』『応用問題』『SEE SAW』

もうカクレンボはしない
したくても出来ない…空にくっきりと線を描く飛行機雲。
だが、自画像はそうはゆかない。見えない線も描かれる。
姿を隠すのではなく、複雑に描き加えられ、見つけられる
ことなく消える線──日々の輝翳に応答しようとする思索。

A5変 106ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-928-7 Cl092 \2500E




第46回高見順賞受賞
新刊 財部鳥子詩集
氷菓とカンタータ

夏の菓子では葛桜よりアイスキャンデーが好きです。早く溶ける物は美しい。雲はすべて水であるといった女性天文学者の言葉も好きです。私の詩もそうありたい。

財部鳥子

財部鳥子 1933年新潟生れ。中国東北で育つ。1946年、日本へ引き揚げる。主な詩集に『胡桃を割る人』『衰耄する女詩人の日々』『モノクロ・クロノス』(詩歌文学館賞)『烏有の人』(萩原朔太郎賞)『中庭幻灯片』(現代詩花椿賞)『西游記』(地球賞)『腐蝕と凍結』『わたしが子供だったころ』、小説『天府 冥府』、エッセイ『猫柳祭―犀星の満洲』『無垢の光』『詩の贈りもの12カ月』、翻訳(共訳)『現代中国詩集・チャイナミスト』『億万のかがやく太陽』などがある。


美しい音楽にかさなって聞こえてくるもう一つ
の小さな響き───細ることなく消えることも
ない記憶を拳に握りしめ、世界で一番さびしい
少年が走る。大江の川波にむかって、「おーい」
と叫んでいる。遠い未来が少しかすんで揺れる。

A5変 152ページ 2808円(本体2600円+税) 装幀=金山常吉 ISBN978-4-87995-925-6 Cl092 \2600E





新刊 宇佐美孝二詩集
森が棲む男

物のなかに広がる宇宙。あるいは宇宙のなかで震えるわたしたちと物との関係。生きていると言う、つまりは消えゆく存在。そうした孤独な震えが読者に届きますように。

宇佐美孝二

宇佐美孝二 1954年生れ。詩集『空の擬音が、ふ』『僕の太りかたなど』『浮かぶ箱』(中日詩賞)『虫類戯画』(詩と創造賞)『ひかる雨がふりそそぐ庭にいて』

生きることの陰を帯びながらひそやかにただ在る
物たち…ざわめき生きる物たち…。それら物たち
の息づきと震え。切れ切れの悲鳴のような。記憶
の底に棲みついている森の透明な物語りのような。

A5変 134ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-924-9 Cl092 \2500E




新刊 安藤元雄詩集
樹下

とある立木の根方に置かれた石くれの中で、摩滅しかかった人の形がかすかな微笑を浮かべている。道祖神か、それとも地蔵尊か、その無言のたたずまいが、たぶん、いまの私にとっては詩をなすのだ。

安藤元雄

安藤元雄 1934年生れ。詩集『わがノルマンディー』(藤村記念歴程賞・詩歌文学館賞受賞)『フーガの技法』『めぐりの歌』(萩原朔太郎賞受賞)『カドミウム・グリーン』『夜の音』(現代詩花椿賞受賞)『この街のほろびるとき』『水の中の歳月』『イタリアの珊瑚』『椅子をめぐって』『船とその歌』『秋の鎮魂』、集成詩集『現代詩文庫・安藤元雄詩集』『現代詩文庫・続安藤元雄詩集』、詩論『フランス詩の散歩道』ほか、翻訳に『シュペルヴィエル詩集』ボードレール『悪の華』マラルメ『折りふしの詩句』、『フランス名詩選』(共訳)ベケット『モロイ』『名づけ得ぬもの』、グラック『シルトの浜辺』『アルゴールの城』ほか多数がある。


樹があって 私がいて
その二つが実は同じことで……
風に葉先と視覚が揺らぎ、木漏れ日がころがる。小鳥た
ちと雨粒の飛来を受け入れ、落ち葉の退散も芽吹きの再
来も認める。すでに喪っているはずのものが身内で疼く
のを確かめ、ゆっくりと通り過ぎて行くものを感じ取る。

A5変 88ページ 2592円(本体2400円+税) 装幀=菊地信義 ISBN978-4-87995-922-5 Cl092 \2400E





新刊 岬多可子詩集
飛びたたせなかったほうの蝶々

底にある泥から浮かび上がる夢の泡。そんなものを掬い取ろうとして、この四年間も同じ場所にいつづけました。飛びたたせずにあった声も、水や風、人の流れに乗せてみることにいたしましょう。

岬多可子

岬多可子 1967年生れ。詩集『静かに、毀れている庭』(小野市詩歌文学賞受賞)『桜病院周辺』(高見順賞受賞)『花の残り』『官能検査室』

…世界は狂おしく荒れ壊れた…それから…内
深くに秘匿されているものが、底の知れない
虚空で、身をねじ切るように羽を震わす──

A5変 158ページ 2808円(本体2600円+税) ISBN978-4-87995-921-8 Cl092 \2600E




第31回詩歌文学館賞詩部門受賞
新刊 鈴木東海子詩集
桜まいり

晴れた日に曇りの日に雪の日に風のふく嵐の日にも立ちどまりうずくまるかたちで言葉があり今日をめくり明日をめくり遠い日をめくるように記憶をめくると詩があります。

鈴木東海子

鈴木東海子 1945年生れ。詩集『草窓のかたち』『野の足音』『黒兎の家』『類夢』『旅の肖像画』『日本だち』『町立病院の朝食』『後向き青空』『ロープ付きジャンプ』『補助なし自転車のペダル』、エッセイ『詩の尺度』『詩の声』がある。


〈どこまでも行くよ。 〈ひかりのなかね。
──木々のあいだ、花々のなかを囁きかわす声。私の内奥を
揺すり鎮める響きだ。遙かな人に届ける、いくつものよびかけ。

菊変 96ページ 2592円(本体2400円+税) 装画=鈴木研之輔 ISBN978-4-87995-920-1 Cl092 \2400E





重版 サミュエル・ベケット/訳=宇野邦一
伴侶

言葉の極北で表現を紡いだ作家の小品。時の層の下に拉がれた身体を把捉しようとする精神の闇の底で、少年期の煌く記憶を綴合せ、存在の不確かな光輝を手さぐる

7月15日発売予定 四六変 115ページ 2160円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-207-3 C1398 \2000E




重版 サミュエル・ベケット/訳=高橋康也・宇野邦一
また終わるために


きちがいじみた思い出の堆肥としての生を見つめるベケット。終局まで「死の時」を重ねる生を描く。
二つの言語で書くベケットはまた、寒々とした生の現実を不可思議なおかしみとして描く。自身の内部に響いている幾つもの声・思考の呟きを聞く。

四六変 115ページ 2160円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-420-6 C1397 \2000E





重版 サミュエル・ベケット/訳=長島確
いざ最悪の方へ

宙を切り身を細らせる隕石、そのかけらが放つ閃光にも似たベケット最後のつぶやき。ことの始まり、すなわち終りの始まり、終りの終りに視線を定めるベケット。〈なにを──なんと言うか──〉自己・言葉の交響とその消尽を見届ける。

7月15日発売予定 四六変 115ページ 2160円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-471-8 C1397 \2000E




新刊 馬場駿吉エッセイ集
加納光於とともに

加納光於の作品・人との親交は半世紀を超える。加納さんは多彩な美術領域を踏破し、今なお全身的画業の手を休めない。そこに伴走させていただいた体験を言語化し、一冊に編んだ。

馬場駿吉

馬場駿吉 1933年、名古屋市生れ。俳人・現代芸術評論家。耳鼻咽喉科学の権威として世界的に活動している。現・名古屋ボストン美術館館長。評論に『星形の言葉を求めて』『時の晶相』『サイクロラマの木霊』『液晶の虹彩』、句集に『耳海岸』『幻視の博物誌』(森眞吾との句画集)『海馬の夢』『夢中夢』『薔薇色地獄』『断面』がある。


疾駆する加納光於の画業に並走する50年の思考
共震する精神の接近─3度にわたる対話を併録
画家と並走する思考の軌跡

四六変 178ページ 2160円(本体2000円+税) 加納光於作品8点印刷再現収録 装幀=菊地信義 ISBN978-4-87995-919-5 C1071 \2000E





新刊 打田峨者ん句集
楡時間─「組曲類」

天心には蜜がベットリ 馬乳は桶に/刻々古る青き遊星 蟻急ぐ/楡時間 柄の腐れたる霧の斧//ライト前 水の春なり 草野球/後逸と見るや韋駄天 猫柳/邪飛ひとつ春水に墜つ 地平線

打田峨者ん

打田峨者ん 1950年11月、東京小金井生れ。句集に『光速樹』『暴君龍忌』。詩画集に『プロメテウス・コンプレックス』(内田晃名義)。また画家・内田峨としても活動している。

天心には蜜がベットリ 馬乳は桶に
刻々古る青き遊星 蟻急ぐ
真闇より黝し 未明の楡新樹
負ひ来たる母なる望楼 地平線
白息に濡るる骨笛 降る降る雪
「楡時間〉四季〈巡礼の斧」より

ライトまへ水の春なり 草野球
後逸と見るや牟駄天 猫柳
永き日のセカンド・ライナー 拝み捕り
邪飛ひとつ春水に墜つ 地平線
「球春地平線」より

A5変 138ページ 2808円(本体2600円+税) 飾画=内田峨 ISBN978-4-87995-918-8 Cl092 \2600E




新刊 小林弘明詩集
F・ヨーゼフ

『F・ヨーゼフ』は、カフカ『城』の測量士Kが謎めいた動機によってヨーゼフと騙ることを引用としながら、取り違えという劇場での、あざとさと無意識の奇妙なバランス、分身と解釈を生んでゆく手紙のような連作になっている。

小林弘明

小林弘明 1960年生れ。詩集『分極論』『分子状基質』『不規則な組換えと長い転移を巡る装置』


F・ヨーゼフとは誰なのか?
クリミア半島に立ち迷う消え消えの影。
翳りは深まりながら遁れてゆく。
幾度も幾度も試みられる接近。
掻き消えまた現われる虹を欠片として捕えようとして。
…彼は、あなたの、私の写像なのかもしれない…
…誘惑の囁きが響く…カフカの?…

菊変 134ページ 2808円(本体2600円+税) ISBN978-4-87995-915-7 Cl092 \2600





新刊 鈴木志郎康詩集
どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた

わたしは自分の人生を今まで何回もひねってきたんですね。この「どんどん詩を書いちゃえで詩を書いた」はわたしの人生の最後の「ひねり」かな、なんて思ったりしてます。

鈴木志郎康

鈴木志郎康 1935年生れ。詩集に『ペチャブル詩人』(丸山豊記念現代詩賞)『攻勢の姿勢』『声の生地』(萩原朔太郎賞)『胡桃ポインタ』(高見順賞)『石の風』『遠い人の声に振り向く』『タセン(躱閃)』『わたくしの幽霊』『家の中の殺意』『家庭教訓劇怨恨猥雑篇』『罐製同棲又は陥穽への逃走』(H氏賞)ほか、評論集に『結局、極私的ラディカリズムなんだ』『映画素志』『写真有心』『いま、詩を書くということ』『穂先を渡る』『純粋身体』『純粋桃色大衆』ほか、写真集に『眉宇の半球』、映像作品に『山北作業所』『内面のお話』『風の積分』『15日間』『写さない夜』『草の影を刈る』『日没の印象』ほか。

詩のことばはどこにもかしこにもころがっているわけではない。どんどん読んじゃえ……コレ詩ダヨ。うんっぐっく。

菊変 170ページ 3024円(本体2800円+税) 装画装幀=海老塚耕一 ISBN978-4-87995-917-1 C1092 \2800E




新刊 渡辺彰詩集
月の庭│庭の月

「食らうべき詩」たろうとしてできた集。風景の心象化にも心象の風景化にも偏らぬ言葉…とだけ念じ、ぽつぽつ書いたり長く書かなかったりの後の、ようやくの開始点です。

渡辺彰

渡辺彰 1954年、愛媛生れ。詩集『風の頬まで』『谷間からの15編』


一本の木のある庭。
月の光があるだけの庭。
──ふりそそぎあふれくつがえり行き悩む言葉の洪水。

A5変 114ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-916-4 Cl092 \2500E




図書館協会選定図書

新刊 冬野虹
冬野虹作品集成

第鬼=俳句――『雪予報』『網目』/栞=吉岡実・中西夏之/A5変型・264頁
第挟=詩――『頬白の影たち』/栞=白石かずこ・高橋睦郎/A5変型・300頁
第郡=短歌ほか――『かしすまりあ』(歌集)『桜の木』(エッセイ)『葉の上の』(童話)『あしたりすに』(歌詞集)ほか年譜/栞=永島靖子・野崎歓/A5変型・204頁

俳句、自由詩、短歌、散文などさまざまな分野にひろがりを持ちながら、冬野虹の作品は形式の間に落差を感じさせない。無限の想像力が、ジャンルの境界を越えて駆け巡る。

四ッ谷龍

冬野虹: 1943年、堺市に生れる。ジャンルを越えてさまざまの言語表現を試み、また美術表現においても数多くの作品をのこした。俳句で「鷹新人賞」を受けるなど、多くの表現者から高い評価・支持・期待を集めたが、2002年に急逝。既刊句集に『雪予報』。
四ッ谷龍: 1958年、札幌市生れ。俳人。74―86年、俳句雑誌「鷹」に投句。87年に妻の冬野虹とともに二人誌「むしめがね」を創刊、冬野の没後は個人誌として継続している。句集に『大いなる項目』『セレクション俳人・四ッ谷龍集』『慈愛』。

俳句・詩・短歌・物語・歌詞など、冬野虹言語表現のほぼ全貌を捉える作品集成
言葉の境界領域を軽々と越えて、広い言語領野を飛翔する作品群──

光とともに孵化する作品群──

8424円(本体7800円+税、分売不可) 編集=四ッ谷龍 装幀=間村俊一 ISBN978-4-87995-914-0 C1092 \7800E




図書館協会選定図書
新刊 イーディス・シットウェル/藤本真理子=訳
ヴィクトリア──英国女王伝

本書は、ヴィクトリア女王個人と社会・世界を同時に照射して、人間と時代を巨大なタペストリーに織り上げた言葉の宇宙である。星の凝視の遊行詩人、面目躍如の書をお届けする。

藤本真理子

イーディス・シットウェル 1887-1964。英国の代表的現代詩人・文筆家。T.S.エリオットと併称される詩人としては、もっとも衝撃を与えた詩集『黄金海岸の風習』『原子時代の三つの詩』のほかに、ウォルトンの音楽とともに舞台で朗読されさんざんな不評を買った実験詩『ファサード』、『田園喜劇』『眠れる美女』『街の歌』『薔薇のカンティクム』その他があり、邦訳詩集『惑星の蔓』『凍る℧』に多くの作品が訳出されている。評論に『アレグザンダー・ポープ伝』、エッセイに『英国奇人伝』などがある。
藤本真理子 1947年生れ。詩人。訳詩集にシットウェル『惑星の蔓』『凍る℧』、詩集『触れなば』『スプレイ・マム』『眠り舞』『イリスの神話』、評論集『愛の破片──映像と生贄』。


技術変革と人類の進歩を信奉して希望のきざしはじめる世紀。その時代を形づくり、混迷もし悲嘆苦悩もする幾多の人々。その中を生き抜く一人の女王、一人の女性、一人の人間。そして時代をともにした数多の人間たちの懸命の生──歴史評伝文学の最高峰。

ヴイクトリア(英国女王 :在位1837-1901)──国民は女王の中に、苦しみ悩む一人の人間を、自分たちと同じ法則に従い、同じ愛、同じ希望と恐怖に囚われている人間を今一度見たのだ。(本文より)

四六変 432ページ 3780円(本体3500円+税) 装幀=菊地信義 ISBN978-4-87995-910-2 C1097 \3500E





新刊 林美脉子詩集
エフェメラの夜陰

聴こえくる内なる聲に呼び呼ばれていると、「わたし」が消えた。すると国籍不明の呼称が立ち上がり、得体の知れない内宇宙へ踏み込んだ。捨てた詩が捨てられた詩を連れ戻し、時間軸を失った異界の相が往還してくる。

林美脉子

林美脉子 北海道札幌市在住。詩集『黄泉幻記』『宙音』(北海道新聞文学賞詩部門本賞受賞)『新シルル紀・考』『緋のシャンバラへ』『約束の地』『撃つ夏』。1982年ケネス・レクスロス詩賞受賞。

孤りきりで、一度かぎりの生存を死へと押し進める者たち。
みんな何処へ往き 何処へ 還ったのか
それぞれの星で、互いに行き交うことを知らぬ宙宇で、ひとりびとりの唄声だけが谺する…らりりるらりら…ちるりるりらら…

菊変 74ページ 2376円(本体2200円+税) ISBN978-4-87995-909-6 Cl092 \2200E




第22回埼玉詩人賞、第22回丸山薫賞受賞
新刊 細田傳造詩集
水たまり

微かな擦過音を聞き逃すまいとしていると、自分の内側なのか外側なのか、ガンガン鳴り響いているものがあります。それを言葉に捉えようともがいています。三冊目の詩集です。

細田傳造

細田傳造 1943年東京生れ。詩集『ぴーたーらびっと』『谷間の百合』(中原中也賞受賞)


雨あがりの
どろみちを帰る
…たしかにこの道を無我夢中で駆けて往った。何処へ行こうとして
いたのだったか…蟬が激しくないていた…小鳥が鳴いている…赤児
が泣いている。…今、どろみちは無い。…しずかだ。…だろうか…。

A5変 130ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=川瀬裕之 ISBN978-4-87995-908-9 Cl092 \2500E




図書館協会選定図書

新刊 岩田宏詩集成

本書は岩田宏氏の既刊全詩集より著者が自選した。岩田宏の詩の世界の全貌を窺える。そのやるせない・憤懣遣る方ない・心ふるわされる・べらぼうな詩世界、宇宙大でもあり小指の先に刺さったトゲでもある詩世界を。

編集部

岩田宏 1932年生れ。詩集『独裁』『いやな唄』『頭脳の戦争』『グアンタナモ』『岩田宏詩集』(藤村記念歴程賞)『最前線』『現代詩文庫・岩田宏詩集』ほか、小説『社長の不在』『いただきまする』『蛇と投石』『踊ろうぜ』『息切れのゆくたて』『カヨとひろ子』『九』ほか、エッセイ『マヤコフスキーの愛』『同志たち、ごはんですよ』『マヤコフスキー事件』(読売文学賞)ほか、翻訳『マヤコフスキー研究』、マヤコフスキー『マヤコフスキー詩集』『ズボンをはいた雲』『悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー』『背骨のフルート』、プレヴェール『ジャック・プレヴェール詩集』『唄のくさぐさ』『金色の老人と喪服の時計』、ソルジェニツィン『イワン・デニソビッチの一日』『消された男』『ガン病棟』『マトリョーナの家』、ほかエレンブルグ、ブラッドベリ、マクドナルド、チェーホフ、ナボコフ、ファウルズ、マッカーシイなど多数がある(小笠原豊樹の名によるものを含む)。

岩田宏の詩、これは音楽を仲立ちにしてみんなで共有する詩ではないだろうか? 彼の詩は友人に対して読者に対して開かれている。それはもう連帯への信頼と呼んでもいいほどのものだ。─池澤夏樹

四六 432ページ 4860円(本体4500円+税) 付録=池澤夏樹 装幀=高麗隆彦 ISBN978-4-97995-907-2 C1092 \4500E




新刊 渡辺洋詩集
最後の恋 まなざしとして

社会派と誤解されるかもしれませんし、ゴーマンと受け止められるかもしれません。書いた自分はと言うと、詩を生きる者として怖いところへさしかかってしまったという思いがあります。

渡辺洋

渡辺洋 1955年生れ。詩人・編集者。詩集『向日 歌う言葉』『少年日記』『白日』『エゴイストとナルシシスト』『日記詩集 十月』、翻訳にケルアック『ビッグ・サーの夏──最後の路上』キャサディ『ハートビート』


何かを拒むことで過ぎてゆく時間──ハミングしながら洗濯物を干して/青空に飛びおりる…悲しみを捨てるバケツをください…僕は、きみがいることのむこうがわにまでしみとおってゆくまなざしとならなければならない。

四六変 100ページ 2160円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-906-5 C1092 \2000E





新刊 杜みち子詩集
ぱらっぱ らっぱ

陽はきらきらと傾き続け、砂時計の砂の落下が止まらない。風が大楠の枝をざわめかせ、遠い国の言葉を落として行くが、未知の言葉を読み解くことは、今日もできないのだった。

杜みち子

杜みち子 1944年茨城県日立市生れ。詩集『象の時間』『赤い林』『象が来た日』

遠くの知らない所で燃え盛る夕陽が明日へと墜ちてゆく。知らない時間が零れ落ちてゆく。ぱらっぱらっぱ──雨の音か。追いかけてゆこう、すばやく消えゆくものを。ずーっと遠くまで。

菊変 142ページ 2808円(本体2600円+税) 装画=杜みち子 ISBN978-4-87995-905-8 C1092 \2600E




新刊 平田聡詩集
耀く海

現実と幻の狭間に浮かぶ耀く海は、光そのものだった──。青春の美と愛と光の象徴であり、失われたゆえに一筋になって甦ってくる遠景は、時を経て一層澄んだ光に耀きを増してくるようです。

平田聡

平田聡 1967年福岡県生れ。詩集『或る憧れの人に』


逢か沖合に浮かぶ白い帆船
小さなスコップとバケツを両手に砂浜に立つ幼児
青空に白球を見失う少年
仕事帰りの疲れた体をバスに揺られている僕
──よみがえる記憶の翳りと閃光を言葉に映し、
日々の細部に宿る生の深みを彫り出す。

A5変 140ページ 2808円(本体2600円+税) 装画=百田智行 ISBN978-4-87995-904-1 C1092 \2600E





新刊 亀井知永子詩集
地球の蜜を吸う

ふと立ち止まって、耳を澄まし、声を探す。夜明けを待つわけではなく、光る向こう岸までの距離を計る。太陽のぐるりを回転する地球の音。重なる青の景色の中で開くコトバの箱。

亀井知永子

亀井知永子 詩集『虹はゼロに満たない』

不完全な星──人が、走り笑い疑い歌う。踊り矢印を放ち囁き泣く。拳を上げ問い信じ躊躇う…ダレノタメデモナイ。私は漆黒の深い森に踏み入る。

A5変 130ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=亀井知永子 ISBN978-4-87995-903-4 Cl092 \2500E




第21回埼玉詩人賞受賞
新刊 峯尾博子詩集
交信

眩しい滑り台がありました。禁断の燐寸を擦った夜もありました。雫から朝靄城まで、わたしにもたらされたことばたち。第二詩集になります。

峯尾博子

峯尾博子 1956年埼玉県生れ。詩集『エイダに七時』


いまだ名前の知れないものの揺らぎ、消えていったものたちが残すさわめき──空深く迷う片羽の鳥、私に訪れる交信の誘い。

A5変略フランス装 98ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-902-7 Cl092 \2400E





新刊 神原良詩集
X(イクス)

めぐり逢い めぐり逢うことが訣れだった/僕たちの残酷な運命の中で/星に似た 君の青い瞳が/どんなにか 僕の救いだったか/君に告げよう/この星の静寂(しじま)の中で

神原良

神原良 詩集『オスロは雨』『小樽運河』『迷宮図法』『彼──死と希望』『アンモナイトの眼

この星で迷ったまま僕は一握の炭素になる──けれど、
いつか、宇宙の星々のどこかで僕たちはまたすれ違うだろう。
X(イクス)、おまえを本当に愛している、そのとき僕は告げるだろう。

A5変 96ページ 2160円(本体2000円+税) 装画=内田峨 ISBN978-4-87995-901-0 Cl092 \2000E




第10回三好達治賞、第52回藤村記念歴程賞受賞
新刊重版 高橋順子詩集
海へ

3.11、私の古里・千葉県飯岡町(現旭市)にも大津波が押し寄せ、海辺の生家は半壊。海への憧れと恐怖に引き裂かれ、三年間避けていた視線でした。五年ぶりの詩集です。

高橋順子

高橋順子 1944年千葉県海上郡飯岡町(現旭市)生れ。詩集『お遍路』『あさって歯医者さんに行こう』『どうろくじんさま』『川から来た人』『貧乏な椅子』(丸山豊記念現代詩賞)『海の女』(画=牧野鈴子)『時の雨』(読売文学賞)『普通の女』『幸福な葉っぱ』(現代詩花椿賞)『花まいらせず』(現代詩女流賞)『』『海まで』、連詩集『地球一周航海ものがたり』(新藤凉子と)『百八つものがたり』(三木卓・新藤凉子と)『からすうりの花』(新藤凉子・吉原幸子と)、集成詩集に『高橋順子詩集成』『高橋順子詩集』、エッセイ評論翻訳等に『水のなまえ』『月の名前』『緑の石と猫』『一茶の連句』『恋の万葉・東歌』『花の名前』『風の名前』『雨の名前』『富小路禎子』アルプ『航海日誌』『意地悪なミューズ』ほか


歎きも憂いも、昨日と明日も、ことばの窓を開け閉めして古里の海に還してきた。2011.3.11──ぎざぎざの海。
海という窓は閉められぬ……

A5変 130ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-899-0 C1092 \2400E





新刊 季村敏夫詩集
膝で歩く

あのひとのゆるしを遠ざけていると、さえずり、うっすらあける闇の色は、人智をこえて美しい、わたしは今にして初めて知らされるのであった。

季村敏夫

季村敏夫 1948年京都市生れ。詩集『豆手帖から』『ノミトビヒヨシマルの独言』(現代詩花椿賞)『木端微塵』(山本健吉賞)『かむなで』『日々の、すみか』ほか、評論『窓の薔薇──モダニズム詩の断層』『山上の蜘蛛──神戸モダニズムと海港都市ノート』(小野十三郎賞特別賞)、エッセイ『災厄と身体──破局と破局のあいだから』、編書『神戸のモダニズムII』など。

だれかが近づく
生き延びよ
だれかが花をゆらす
生き延びよと

膝で歩く──
それは比喩ではなく、
遁れることのできない現実であった。
たえしのぶための
やむなき手立てであった。

A5変 138ページ 2808円(本体2600円+税) 栞=赤坂憲雄/季村敏夫往復書簡 装幀=間村俊一 写真=鬼海弘雄 ISBN978-4-87995-900-3 Cl092 \2600E




新刊 若宮明彦詩集
海のエスキス

野外(フィールド)で見た海の煌めきと、室内(ラボ)で見た海の断片を、詩情と科学の境界から探ってみた。詩の渚は、ある時は光となり、ある時は影となる。満ち潮と引き潮に洗われる波打ち際のように。

若宮明彦

若宮明彦 1959年生れ。詩集『貝殻幻想』『風が空を思う時』『掌の中の小石』、詩論集『北方抒情──亜寒帯の詩と思想』


海の話をします──
二億年来の風に揺すられて泣いている鳥…穴の空いた貝殻を握りしめて立ち尽くすみなしご…夕陽をかかえて汗だくで走る男…小さな足跡をたどり海にころげ落ちる母…波の寄せ退く渚…光を抱く沖の波間…心はどこにもみつからないのかもしれないのだけれども…

A5変 114ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-898-3 C1092 \2500E




図書館協会選定図書
りぶるどるしおる 79

新刊 ジョルジュ・バタイユ/吉田裕=訳
『死者』とその周辺

『死者』は刊行が作者の死後であったために注目を引くことが少なかったものの、死とエロティスムを一体とする強度において、バタイユの中でも群を抜く作品です。これをその広がりを示唆する周辺のテキストとともに、この作家に関心を持ち続ける読者に届けます。

吉田裕

ジョルジュ・バタイユ 1897-1962。フランスの作家・思想家。苛烈で真摯な思考を激越な言葉、衝撃的な作品として残した。主な著書に『無神学大全・三部作』『呪われた部分・三部作』『眼球譚』『空の青』『マダム・エドワルダ』など。20世紀また21世紀の思想家・作家に深甚な影響を与えた。 吉田裕 1949年生れ。著書『バタイユ──聖なるものから現在へ』『バタイユの迷宮』『バタイユ・マテリアリスト 』『バタイユ・マテリアリスト 』『詩的行為論』ほか、訳書にバタイユ『ニーチェの誘惑』『聖女たち』『聖なる陰謀──アセファル資料集』(共訳)など。

剥き出しにされ身じろぎならない性と死と バタイユ 極限の生を見つめ描破する苛烈な視線
バタイユの作品で最も悲劇的で猥雑な作品─エロティックな経験と不可分に結び付いている死の経験を、凶暴なまでの生/性の衝動、淫蕩、歓喜と惨劇として書き尽くす物語

四六変 244ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-897-6 C1397 \2800E




りぶるどるしおる 53
重版 若林奮
I.W──若林奮ノート

私たちの心を揺さぶり、私たちの考えを叩く作品を創出しつづけた彫刻家・若林奮が去って10年が過ぎる。考え尽し試み尽すその営為の深部を映す若林奮の言葉を今一度ともにしたい。

書肆山田

若林奮 1936-2003。彫刻家。作品に「樹皮と空地」「前方に犬、下方に花」「緑の森の一角獣座」「胡桃の葉」「VALLIES」「大気中の緑色に属するもの」「遠硫化庭」「所有・雰囲気・振動─森のはずれ」「振動尺」「日の出・日没」「残り元素」他多数。作品集『境川の氾濫』版画=若林奮・詩篇=河野道代による詩画集『花(静止しつつある夢の組織』。『対論◆彫刻空間──物質と思考』(前田英樹との共著)


洞窟の壁に一本の線を引く──絵を描く最初の人。何万年か前に。なぜそうしたのだろう。彫刻家 若林奮 の観察と思考
あるとき、人は絵を描いた。そして、多くのものをつくり、変更し、消去し、不明のものを繰り返し補充して「現在」に立つ。そのことに自身はどう関わるのか──彫刻家は見る、考える。

四六変 290ページ 3240円(本体3000円+税) ISBN978-4-87995-603-3 C1370 \3000E





高柳誠詩集
月の裏側に住む

閉塞し、混迷を深める時代状況に抗して、徹底的に抗さない、論理的非論理の作品が書きあがってしまった。日常の側をほんの少しでも揺さぶることができたらと思っている。

高柳誠


高柳誠 1950年生れ。詩集『大地の貌、火の声/星辰の歌、血の闇』『光うち震える岸へ』『鉱石譜』『廃墟の月時計/風の対位法』『半裸の幼児』『夢々忘るる勿れ』『万象のメテオール』『月光の遠近法』『触感の解析学』『星間の採譜術』(以上3点で藤村記念歴程賞)『イマージュへのオマージュ』『』『樹的世界』『アダムズ兄弟商会カタログ第23集』『都市の肖像』(高見順賞)『高柳誠詩集・詩生成』『綾取り人』『卵宇宙/水晶宮/博物誌』(H氏賞)『アリスランド』、著書『リーメンシュナイダー』

父の背中には翼が生えている…叔父さんの頭の中には歌う鳥が住んでいる…月の裏側の住人はいつ姿を見せるのだろう…ことばの海底から、不条理な理路を噴き上げながら、もくもくと現われ出る、新しいライトヴァースの島、島…

A5変 110ページ 2700円(本体2500円+税) 装画オブジェ=井坂奈津子 ISBN978-4-87995-896-9 C1092 \2500E



荒木時彦詩集
drop

人間の意識が曖昧であるがゆえに、またその身体性も曖昧に感じられることがある。曖昧でないものは、常に人間の外側に見いだされるのであり、形あるものとして現れる。その、一瞬こそが、現実であるとも言えるだろう。

荒木時彦


荒木時彦 1972年生れ。詩集『memories』『sketches 2』『sketches』『〈非〉の兆候、およびマテリアについて』『フォルマ、識閾、その歩行』『静かな祝祭──パパゲーノとその後日談』『版画、ウミガメ、タイプライターとその周辺の欲望について』『あなたが出かけてしまったあとに──24の断章』


水滴/一秒後の水滴…次の水滴を待っている…鳥が鳴く…知らない子供の声…遠い教会の鐘の音…私の耳殻はひずんでいはしないだろうか…聞こえるものを聴いているのが私の内部なのだろうか…

A5変 50ページ 1944円(本体1800円+税) ISBN978-4-87995-895-2 C1092 \1800E



第66回読売文学賞 随筆・紀行賞受賞
図書館協会選定図書
りぶるどるしおる 78

重版 山崎佳代子エッセイ集
ベオグラード日誌

ベオグラードに住んで34年。内戦、国家解体など歴史の断層を遠景に、燕の飛翔、森、食物や葡萄酒、人と人の出会い、家族など、小さな出来事が織り成す光。愛の書をあなたに。

山崎佳代子


山崎佳代子 1956年静岡生れ。ベオグラードに34年在住。詩集に『みをはやみ』『アトス、しずかな旅人』『秘やかな朝』『薔薇、見知らぬ国』『産砂RODINA』『鳥のために』、エッセイ集『そこから青い闇がささやき』『ある日、村は戦場になった』、翻訳にキシュ『若き日の哀しみ』『庭、灰』『死者の百科事典』ほか、日本の現代詩をセルビアに翻訳紹介しセルビア現代詩を日本に翻訳紹介、また自身のセルビア語での詩集もある。国際詩人モラバ賞受賞。

山崎佳代子 見つめる 陽ざしそそぐ葉陰の目には見えにくいもの。
2001年から12年。世界は変わってしまった…。これらの日付のある日々を刻むベオグラード、人々…。こわされたもの、深い闇に沈むもの、幽かな光となって現れ生まれてくるもの。

四六変 232ページ 2808円(本体2600円+税) 写真=ジタレビッチ ISBN968-4-87995-894-5 C1395 \2600E



茨城新聞社賞受賞
及川馥詩集
月と重力

重力は透明な鎖で人を地上に縛りつけている。夜になると月の光がその鎖を解き放ち夢の中へ軽やかに飛翔させるのだ。

及川馥


及川馥 1932年宮城県生れ。詩集『夕映え』『鳥? その他』『テラスにて』、著書『原初からの問い─バシュラール論考』『バシュラールの詩学』ほか、訳書にセール『天使の伝説』『生成』トドロフ『はかない幸福』シオラン『苦渋の三段論法』バシュラール『夢想の詩学』『大地と意志の夢想』ブラン『ボードレールのサディスム』ほか。


地球はわたしたちを抱きしめようというのだろうか。
それにしては手ひどい痛撃を見舞ってくれる。
それでも事後には言葉にあまる優しさや
悲哀を味わうことになるのだが。
太平楽の極みと言うべきか…。

A5変 138ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-893-8 C1092 \2800E




打田峨者ん句集
光速樹

地平線けふも跨がず五月の巨人/宇宙地図まづ折る露の対角線/闇を来て授精に及び干鱈裂く/有無・諾否・可不可・存亡 麦あをあを/翼廊にもの食む母獣 核の冬//初号句集。開板

打田峨者ん


打田峨者ん 1950年11月東京生れ。句歴26年。句集『暴君龍忌』、詩画集『プロメテウス・コンプレックス』(内田晃名義)、また画家・内田峨としても活動する。

地平線けふも跨がず五月の巨人〔夏〕
宇宙地図まづ折る露の対角線〔秋〕
闇を来て授精に及び干鱈裂く〔冬〕
有無・諾否・可不可・存亡 麦あをあを〔春〕
日盛りを来てヒトの身で楡仰ぐ〔夏 ふたたび
翼廊にもの食(ハ)む母獣 核の冬〔連作・I〕
何か来る》!《ザックザックと羊歯(シダ )の道〔連作・II〕

A5変 138ページ 2808円(本体2600円+税) 飾画=内田峨 ISBN978-4-87995-892-1 C1092 \2600E



淺山泰美詩集
ミセスエリザベスグリーンの庭に

11年ぶりとなる詩集を纏め終えて、私の心は静かな喜びに満ちている。これほど深い感謝とともに詩集を上梓したことはなかったように思う。本書が読者に愛されることを願ってやまない。

淺山泰美


淺山泰美 1954年京都市生れ。詩集『ファントム』『襤褸の涙』『月暈』『淺山泰美詩集』『月と約束』『玻璃の地誌』『水槽』、エッセイ集『京都 桜の縁し』『京都 銀月アパートの桜』『木精の書翰』、小説集『エンジェルコーリング』


庭に、朝の光がみちる。
やわらかな風がゆれ、ときには雪がふり
やがて夜が訪れる。
日々が重ねられ、
ミセスエリザベスグリーンのまなざしが
人々の世界をくるむ。
──いらっしゃいな、この庭に。

A5変 120ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=戸田勝久 ISBN978-4-87995-891-4 C1092 \2500E




エズラ・パウンド詩集/小野正和・岩原康夫=訳
カンツォーネ

本書に収録した『カンツォーネ』と『突き返し』はイマジズムの序曲となる詩集である。未だイマジズム理論は確立していないとはいえ、パウンド初期詩集の中で最も挑戦的で豊かな多様性を持つものである。

岩原康夫


エズラ・パウンド 1885-1972。アメリカの詩人。20世紀の詩の革新運動イマジズムを開始し、その後の英米詩の方向に決定的な影響を及ぼし、また多くの詩人・作家を発見して彼らのために尽力した。詩集に『消えた微光』『仮面』『大祓』『セクストゥス・プロペルティウス讃歌』『ヒュー・セルウィン・モーバリ』『キャントーズ詩篇』『ピサ詩篇』など。
小野正和 1937年台湾台北市生れ。訳書に上記パウンド詩集の他にブルーム『アンティボディス』ほか、著書に『旅する言葉』『シェーマス・ヒーニー』(共著)など。
岩原康夫 1940年東京生れ。訳書に上記パウンド詩集の他に『ラフカディオ・ハーン著作集・第五巻』(共訳)ほか、著書に『記憶の宿る場所』(共著)『一茶事典』(共著)など。

吹け! 灰よ、風のままに。
ただ叫ぶがいい、「愛もまた年毎に殺される者だ」と。
わが歌よ、きびしい風の中を疾く駆けよ!
これと変わらぬ美しい言葉を語る者に、
われもまた<年毎に殺される者>を知っていると伝えよ。

新世紀を問う詩の変革・フリーヴァース/詩の骨・イマジズムの序曲…/パウンド1911〜12

菊変 256ページ 4104円(本体3800円+税) 装画=紺野保 ISBN978-4-87995-890-7 C1098 \3800E




原口哲也詩集
花冠(ステフアノス)

本性のままにねじれた枝と勝手な方向に膨らんだ葉群の下に咲いた花々を、かろうじて「花冠」としてとりまとめ、碑銘または何ものかへの里程標といたします。

原口哲也


原口哲也 1953年生れ。詩集『鳥』


きみの空、ぼくの時……それらを架橋する深みに身をよせ、過ぎゆくものたちのために光と風で編む花のかんむり

A5変 118ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-889-1 C1092 \2500E




ぱくきょんみ詩集
何処何様如何草紙

見知ったはずの町に出ても、迷う。ここにあった建物がない。店がない。濡縁の見える露地もない。確か、ここにあった、場所を、視線にくぐらせて、口の端を少し上げる。

ぱくきょんみ


ぱくきょんみ 1956年生れ。詩集『ねこがねこ子をくわえてやってくる』『そのコ』『すうぷ』、エッセイ『いつも鳥が飛んでいる』『庭のぬし』、絵本『れろれろくん』他、翻訳にG.スタイン『地球はまあるい』『地理と戯曲 抄』マザーグース『月なんかひとっとび』、共著に『ろうそくの炎がささやく言葉』『「すうぷ」のために』など。

わたしたち、
どのようにして逃げきれるのだろうか。
何としても、
ここから、語りはじめるつもりだ。

菊変 114ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=岡崎乾二郎 ISBN978-4-87995-888-4 C1092 \2500E



森川美砂詩画集
この世が嘆きの谷だとしても

声を聞く、その声が言う。──自分を愛しなさい、世界を愛しなさい/産み落とされたその場所が、たとえ嘆きの谷だとしても……

森川美砂


森川美砂 1959年、東京生れ。画家・詩人。2009年、ボローニャ国際絵本原画展入選(銅版画)。


……そうだとしても……
ペンペン草や石ころ
葉っぱをころがる水玉
なくした笛やポチやビー玉
はぜの実と色えんぴつ
夢や貝殻
……あなたはゆっくりものおもう

菊変 64ページ 1728円(本体1600円+税) 装画=森川美砂




時里二郎詩集
石目

放浪の石工、行商の薬売り、無頼の食客、香具師、アンドロイド、さらには共同体の不思議な習俗や観音の秘法など、詩と散文の汽水域に誘われてやってきた異界の者たちの彩なす狂言綺語。

時里二郎


時里二郎 1952年生れ。詩集『翅の伝記』(現代詩人賞)『ジパング』(晩翠賞)『星痕を巡る七つの異文』(富田砕花賞)『採訪記』『胚種譚』ほか。

われらは員数を拒まれていた。
われらを数えるのは空無を計算するに等しかった。

わたしの内奥の空洞にひびきかわすものたち……永い時を渡ってきた記憶、未来より還される声。イシメサンの、森の少年の、沼のカミの、いない姉の、……

「もう少しここにいさせてください。」

菊変 152ページ 3024円(本体2800円+税) 装画=柄澤齊 ISBN978-4-87995-887-7 C1092 \2800E



松澤宥選詩集
星またはストリップ・ショウ

(著者メッセージに代えて)日本における観念美術の創始者にしてコンセプチュアルアートの世界的草分け、松澤宥の表現の原点=詩を集成。


松澤宥 1922−2006。詩人・美術家。詩集『地上の不滅』、著作『量子芸術宣言』。「言語による詩作品」「美術作品」「言語による美術作品」と表現形態を移行させながら、思索を徹底・深化させ、多くの共鳴者を生んだ。


Yearningly
Unspoken
Things
Always
Kiss
A to Z

Meet
And
Take
Something
Unseen
Z to A
Alas!
Whatever
Around

──瀧口修造
松澤宥に

日本における観念美術の創始者にしてコンセプチュアルアートの世界的草分け、松澤宥の表現の原点=詩を集成。

菊変 136ページ 3024円(本体2800円+税) 栞=建畠晢 ISBN978-4-87995-885-3 C1092 \2800E




唐作桂子詩集
川音にまぎれて

ずっと非常時は続いている。わたしが妊娠する前から、出産した時も、子どもが昼寝している隙を縫って詩を書く時も。否定的な感情がうずまき立ち尽くしてしまう、その場所からあたらしいことばが生まれ育ってくれることを願いつつ。

唐作桂子


唐作桂子 1970年生れ。詩集『断食の月

たどるのが厄介でもこの道をたどりつづける。少し笑み少し泣き少し憤りながら。やわらかなるべきものをもみしだき川音のなかに投げ入れる。ひそかな呼び声とともに。

A5変 106ページ 2592円(本体2400円+税) 装画=花田伸 ISBN978-4-87995-884-6 C1092 \2400E



天沢退二郎詩集
南天お鶴の狩暮らし

私の詩は今や佳況に入ったかに見える。しかしそれは、21世紀に入って人間文明と自然との間に不吉なバランス喪失が生じているための、不吉で皮肉な兆候なのであろうか。

天沢退二郎


天沢退二郎 1936年東京生れ。詩集『アリス・アマテラス』『AVISION 幻夢詩篇』『御身あるいは奇談紀聞集』『幽明偶輪歌』(読売文学賞)『胴乱詩篇』『夜の戦い』『欄外紀行』『《地獄》にて』(高見順賞)『乙姫様』『死者の砦』『Les Invisibles 目に見えぬものたち』(藤村記念歴程賞)『「評伝オルフェ」の試み』『血と野菜』『道道』ほか、評論『《宮沢賢治》のさらなる彼方を求めて』『《宮沢賢治》鑑』(岩手日報文学賞賢治賞)『宮沢賢治の彼方へ』ほか、児童書・翻訳書・エッセー集など。


奇妙に変光するこの矮星の、のびちぢみする時間のなかを、
へとへとになりながらも、まっしぐらにまがりくねって行く、
少年たち影たち川たち樹木たち女たち男たち南天お鶴たち。
さあお前、一人で行け/自分で行け
──湧き上がり溢れ出る言葉のミルフイユ。

A5変 152ページ 3024円(本体2800円+税) 装画=黒田アキ ISBN978-4-87995-883-9 C1092 \2800E




高橋秀明詩集
捨児のウロボロス

言葉は蝋燭。〈孤独〉が芯を縒りルサンチマンの歌を燃やす。詩とは、灯る言葉から〈孤独〉だけを抽出する見果てぬ夢。私はそのおぞましい企みを〈わがスカトロジー〉と呼んでみた。

高橋秀明


高橋秀明 1951年北海道小樽市生れ、小樽市在住。「LEIDEN-雷電」「イリプスnd」同人。詩集『歌ノ影』『言葉の河』(小野十三郎賞)『禁猟地の未明』

「わがスカトロジー」
……昂然と詩人はうそぶく。連打されるコトバの陰で、もがきのたうち声も涙も出さずに泣きくれる捨児。必敗の戦いを終わらせないために走りつづける、脚が折れても。

A5変 130ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=瀬川葉子 ISBN978-4-87995-882-2 C1092 \2500E



藤本敦子詩集
受けとった雲

そして今日、受けとった雲があります。雲は、空にばかりでなく、いろんなところにありました。──本当は何を受けとったのか、探して下さいませんか。

藤本敦子


藤本敦子 1945年岩手県生れ。詩集『風のなかをひとり』『体温』『まひる』


わたしはここにいます
──声がしたように思う。風と空が雲をそっとゆすっているだけだった。両の掌に消えてしまったものをくるんで、ひっそりとあたためてみる。

A5変 104ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-881-5 C1092 \2400E




塚本敏雄詩集
見晴らしのいいところまで

〈明日は国境を越える/振り返ってはいけない〉詩人の声があなたに届く。どこまでも柔らかく、どこまでもまっすぐに。『英語の授業』以来、7年ぶりの新詩集。

塚本敏雄


塚本敏雄 1959年生れ。つくば市在住。詩集『英語の授業』(茨城文学賞)『リーヴズ』『花柩』

明日は国境を越える
振り返ってはいけない

ひととして社会に生き
人生という長い一日の午後を渡る
詩人の声はどこまでも柔らかく
どこまでもまっすぐに届く

A5変 116ページ 2700円(本体2500円+税) 写真=塚本敏雄 ISBN978-4-87995-880-8 C1092 \2500E



第46回横浜詩人会賞
阿部はるみ詩集
幻の木の実

発語するそばから変質してゆく言葉。それでも十五年前のものから数ヵ月前のものまでを並べることにした。殻を失った言葉たちが、まぶしさにふるえている。ここからは、ひとりで歩いてゆきなさい。

阿部はるみ


阿部はるみ 詩集『浮く椅子』『ファンタジーランド』『かぐや石


木の実がこぼれる微かな音に耳を澄ましていた。一緒に。その夜。それから…やや忙しげに一日一日をこなし…ふと気づくと、その遙かな木霊を聞いている。これからも──そんなことが何度も何度もあるだろう。

A5変 88ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-879-2 C1092 \2400E



第23回丸山豊記念現代詩賞受賞

鈴木志郎康詩集
ペチャブル詩人

けっこう真剣にやったら、結果として思いがけない詩人が出てきちゃったんですね。それでペチャブル詩人ってしたわけです。笑いが取れれば御の字ですがそうは甘くないですね。

鈴木志郎康


鈴木志郎康  1935年生れ。詩集に『攻勢の姿勢』『声の生地』(萩原朔太郎賞)『胡桃ポインタ』(高見順賞)『石の風』『遠い人の声に振り向く』『タセン(躱閃)』『わたくしの幽霊』『家の中の殺意』『家庭教訓劇怨恨猥雑篇』『罐製同棲又は陥穽への逃走』(H氏賞)ほか、評論集に『結局、極私的ラディカリズムなんだ』『映画素志』『写真有心』『いま、詩を書くということ』『穂先を渡る』『純粋身体』『純粋桃色大衆』ほか、写真集に『眉宇の半球』、映像作品に『山北作業所』『内面のお話』『風の積分』『15日間』『写さない夜』『草の影を刈る』『日没の印象』ほか。

…かくして誕生! ペチャブル詩人。ペチャブルル。

菊変 168ページ 3024円(本体2800円+税) 装画装幀=海老塚耕一 ISBN978-4-87995-878-5 C1092 \2800E



岡田哲也詩集
茜ときどき自転車

この懐かしくてユーモラスなしらべは、無頼ゆえだろうか、抒情ゆえだろうか。命の抜裏で、韻のペダルを踏みながら歌われる、詩以前にして詩そのもの、人間以前にして私そのものの哲也節。

岡田哲也


岡田哲也 1947年鹿児島県出水市に十四人兄弟の末っ子として生まれる。東京大学中退。詩集『わが山川草木』『鬼のいる庭』(画=小林重予)『岡田哲也詩集』『にっぽん子守唄』『夕空はれて』『神子夜話』『海の陽山の陰』『白南風』エッセイ『夢のつづき』『続夢のつづき』『南九州文学ぶらり旅』『詩季まんだら』『不知火紀行』物語『川がき 冬』『川がき 夏』『川がき 春』ほか。


でこぼこ道でゴトンと揺れる。
荷台にやや持ち重りのするものを載せた
おんぼろ自転車。
それでも
もう一度腰をあげてペダルを踏み込んで行く。
風の中、霧の中、そして陽射しの中、
明日へと。

菊変 122ページ 2700円(本体2500円+税) 装幀=浜田洋子+亜令 ISBN978-4-87995-877-8 C1092 \2500E




神原良詩集
オスロは雨

星のテーブルに着いたら/君の思い出を語ろう/かつて 茫漠とした青い大地で/君と めぐり逢ったことなど

神原良


神原良 詩集『小樽運河』『迷宮図法』(装画=打田峨々)『彼──死と希望』『アンモナイトの眼』(装画=内田堯)
内田峨 1950年11月、東京生れ、北国(北海道・岩手県)育ち。画家(神原良との共同は3冊目となる)、俳人、朗詩団主催。

北方の都市の街路をさまよう。冷たい雨の下、何年も前から喪い続けてきた昨日の影を探しながら。思い出されることのない未来のある日……
僕達はまた出会う また愛を語る

幾千年か前に君が歩を止めた坂道。幻影の街を吹き過ぎてゆく風。心を濡らすものが望まれる朝、誰もいない街路で……
僕達はまた出会う また愛を語る

A5変 98ページ 1728円(本体1600円+税) 装画=内田峨



林美脉子詩集
黄泉幻記

20年以上失語していた。その間心襞にはうす光る何物かが堆積していったが、半年前突然それらが向こうから溢れ出てきた。言語化を待っていたものは、無言の内に逝った魂への鎮魂であり私を待つ黄泉の幻の記憶であったのだ。私は詩を捨てたが、詩は私を捨ててはいなかった。

林美脉子


林美脉子 詩集『宙音』(北海道新聞文学賞詩部門本賞)『新シルル紀・考』『緋のシャンバラへ』『約束の地』『撃つ夏』、1982年にケネス・レクスロス詩賞を受賞。


無声のものたちの
降り積もり溢れ出る言葉をとらえる。
時に傍らで私に先駆するものたちの
また時には
遙か銀河に身を預けるものたちの
無音の声を聴く。

菊変略フランス装 114ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-875-4 C1092 \2500E




荒木時彦詩集
memories

僕が「記憶」というものをもつようになって、どのくらい経つのだろう? 今、こうしている間のことも、それは次々と記憶となって過去へ追いやられてゆく。心の底におりのようにたまってゆく、そのほんの表層だけを言葉にしてみた。

荒木時彦


荒木時彦 1972年生れ。詩集『sketches 2』『sketches』『〈非〉の兆候、およびマテリアについて』『フォルマ、識閾、その歩行』『静かな祝祭──パパゲーノとその後日談』『版画、ウミガメ、タイプライターとその周辺の欲望について』『あなたが出かけてしまったあとに──24の断章』

10000ピースからなるジグソーパズル…小さな記憶のかけらたち…たちまち僕のなかに無限の時が組み立てられる…たくさんの人のなかを行くひとりぼっちの僕…口を結んでいる僕のなかの無数の言葉たち…

A5変 72ページ 2160円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-874-7 C1092 \2000E



細田傳造詩集
ぴーたーらびっと

墜ちてしまっている。墜ちてしまった谷底にきれいな花が。鳥も種々舞い降りてきてわたしの耳目に。見上げれば膨らんで歪んだ月。あの日、あの崖の上で見たあの月の輝きをもう一度見たい。

細田傳造


細田傳造 1943年東京生れ。詩集『谷間の百合』(中原中也賞)


ぶきようであるがいっしょけんめいである。
身をしならせ目をこらし息をつめて
──対峙している。
崖のてっぺんまでついてくる長嘆息とともに。
飛び越えられるだろうか。対峙している。

中原中也賞受賞詩人による第2詩集

A5変 128ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=伊藤聚 ISBN978-4-87995-872-3 C1092 \2500E




たなかあきみつ詩集
イナシュヴェ

この『イナシュヴェ』の詩行によって、フィローノフからキーファーに至る20世紀の美術作品に寄り添い貫入しつつ、なおかつ存在の地形ともども発語の牙関緊急性に挑むつもりだ。

たなかあきみつ


たなかあきみつ 1948年生れ。詩集『ピッツィカーレ』『光の唇』『声の痣』、翻訳詩集にブロツキイ『時間のかたち』(近刊)『ローマ悲歌』コーノノフ『さんざめき』アイギ『ヴェロニカの手帖』『アイギ詩集』ジダーノフ『太陽の場所』クーチク『オード』

なぜ「それ」は未完─Inachevéと呼ばれるのか。

ほらボールは飛んでいくが飛んだまま到達しない
ほらわたしは死にそうだが死ぬまい
光線よわたしのもとへ戻ってこい(ケドロフ)

狂っている。そうかもしれない。…20世紀のしごと。そしてその日々が導くわたしたちの時間。

A5変 142ページ 2808円(本体2600円+税) ISBN978-4-87995-873-0 C1092 \2600E



りぶるどるしおる 75
ロジェ・ラポルト/神尾太介=訳
死ぬことで

「ブランショ唯一の弟子」(ビュトール)による連作〈ビオグラフィ〉の最終篇。ビオグラフィ邦訳の刊行はこれが初めてとなるはずです。

神尾太介


ロジェ・ラポルト 1925-2001。フランスの作家。モーリス・ブランショに私淑して著作を始める。〈ビオグラフィ〉の総称を持つ『夜哨』『微かな沈黙の声』『なぜ?』『フーガ』『追補』『フーガ その3』『遺言補足書』『続き』および本書の連作によって、思索的で特異な散文作家として注目される。レヴィナスやフーコーに作品論がある。ほかに〈エチュード〉と称する批評・エッセイがある。
神尾太介 1970年、神奈川県生れ。


生きること。生きることを考えること、言葉にし書くこと。
ラポルト
立証されることがないであろう生への問を問い続ける。

続けること。意志して生き続けること。自らとそうでないものの境をたどりつつ。それは、問い詰められ、これ以上ないまでに素裸にされた生が、何かに転換されることなのか。

四六変 114ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-871-6 C1398 \2500E




蟹澤奈穂詩集
明るい青色の石

その人は、突然うなりをあげる強い風と共に私のもとを訪れました。青い石はその時も、見えない場所で輝いていました。

蟹澤奈穂


蟹澤奈穂 1969年東京都生まれ。詩集『向こうの丘のカンテラの光』『エドマンドの懐中電灯

強くにぎりしめていた
あなたのてのひらを開くと
明るい青色の石があらわれた

…それは明日という夢の底に落ちてゆく時を前にして震えている。そして、まだ見えない遠くへ投げられる。

A5変 102ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=著者 ISBN978-4-87995-870-9 C1092 \2500E



青山雨子詩集
レモン

「檸檬」でもなく、「れもん」でもない。小説を父に持ち、詩を母に持つ「レモン」。みずみずしいレモンを、私は投げる。

青山雨子


青山雨子 1961年、福井県武生市(現越前市)生れ。詩集『白い地図』『暇な喫茶店』『階段のさき』


雪と霜はどうちがうの。──どうだったろう。問が投げ込まれたうす暗がりの奥にレモンがある。…いや少しちがうようだ。…レモンのようなものがある…レモンに見えるものがある…

A5変 76ページ 2700円(本体2500円+税) 装幀=青山咲子+亜令、写真=渡邊博史 ISBN978-4-87995-869-3 C1092 \2500E




たべたけみつ詩集
茶摘みの頃──短い昔の話

若狭の湖畔にひたむきに生きた一族の、哀切な一時代のクロニクル。愛犬ブーメランに向かって、方言をまじえながら思いを込めて優しく情感豊かに歌い語る。老練なフランス文学者の久々の散文詩集

金田久璋


たべたけみつ(田部武光) 1944年福井県(若狭)生れ。詩集『もう一人の祖父に I』『においの研究』『湖の手帖』、フランス小説の翻訳にジャプリゾ・フェルナンデス・モンタルバンなどがある。

A5変 58ページ 1944円(本体1800円+税) 装画=森雅代 ISBN978-4-87995-868-6 C1092 \1800E



菊地隆三詩集
いろはにほへと

〈ひらがな〉は、日本人の宝物。〈いろはにほへと……〉四十八文字の一字一字に託して、生きること、散ることへの、切なる思いを歌いあげた四十八篇の新〈いろは〉詩。

菊地隆三


菊地隆三 1932年、山形県河北町生れ。詩集『父・母』(山形県詩人会特別賞)『夕焼け 小焼け』(丸山薫賞)『待つ姿のエスキス』『鴉のいる風景』『転』ほか、小説集『しん・りゅうう創作選集』上下、随筆集『蛙蹲堂風日譚』『ものみなおかし ものみなあわれ』『美の森に迷う』『花病』ほか


生きることをまっすぐ見つめ、死ぬことはしょうことなしにはすかいに見やり、すこうしは笑ってもみる──先ハ アル マダ マダ アル…

菊変 144ページ 3024円(本体2800円+税) 題字=熊谷守一 ISBN978-4-87995-867-9 C1092 \2800E



第31回現代詩花椿賞受賞

藤原安紀子詩集
ア ナザ ミミクリ an other mimicry

のびやかに  うごきだせよ 言葉/それらは、最初でも最後でもなく、中間に多数存在する。/遠くからやって来て、永遠に移動しつづける、ひとつのもの。

藤原安紀子


藤原安紀子 1974年生れ。詩集『フォ ト ン』『音づれる聲』(歴程新鋭賞)

こころなどというものを語れぬように高速でばくはしていくサンクチュアリであそぼうよ

聖域は
地上にあって
重力がない
そこに戯れる
ミミクリ(擬態)たちの
告白

菊変 132ページ 2808円(本体2600円+税) 装幀オブジェ=勝本みつる ISBN978-4-87995-866-2 C1092 \2600E



りぶるどるしおる 50
岩成達也
誤読の飛沫

この本をまとめてみて、私の関心が〈いま・ここ〉で肉を離れることのできない「個」と、知を触発してやまない「無限/全体」とに、一貫して集中していることがよく判った。

岩成達也


岩成達也 1933年生れ。詩集『(いま/ここ)で』『みどり、その日々を過ぎて。』(現代詩花椿賞)『(ひかり)、……擦過。』『「鳥・風・月・花」抄』『フレベヴリイのいる街』『フレベヴリイ・ヒッポポウタムスの唄』(高見順賞)『〈箱船再生〉のためのノート』『中型製氷器についての連続するメモ』(歴程賞)『マイクロ・コズモグラフィのための13の実験』『徐々に外へ・ほか』『燃焼に関する三つの断片』『レオナルドの船に関する断片補足』、評論『詩の方へ』『私の詩論大全』『詩的関係の基礎についての覚書』『擬場とその周辺』


いまここに生きて在ることに「無限」はどのように現れるのか。
岩成達也気ままな、しかし必至の読書がもたらす思考の滴の行方を追う。

ルーセル/ル・コルビュジェ/ムーア/前田英樹/黒田成幸チョムスキー/ヴァレリー/リクール/アウグスティヌス/ウィトゲンシュタイン/レヴィナス/ボッロミーニ/エゴン・シーレ……

四六変 238ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-863-1 C1310 \2800E




石井辰彦作品集
ローマで犬だつた

この青簡一編の書を前にして、もはや私は存在しない。なぜならここに私のすべてを、封じ込めてしまったからだ。更なる一書を綴ることを、詩神が許してくれればよいが……。

石井辰彦


石井辰彦 1952年横浜生れ。創作に『詩を弃て去つて』『蛇の舌』『全人類が老いた夜』『海の空虚』『バスハウス』『墓』『七竈』、共著『百花残る。と、聞きもし、見もし』(西山美なコと)、評論『現代詩としての短歌

一冊の書物に封じられた
一二五〇首の短歌──。
それは一二の章で構築された
ただ一篇の詩でもある。
あらゆる意味で型破りな
古今未曾有の一篇の詩──。
そこに記録されているのは、
熟み果てた詩歌の郷土を棄て
交響する言葉の煉獄を経めぐる
孤独な旅人の声だ。

青痣色のインクで
書き綴られた、
流離う詩人の
魂の一書──。

B5横 本冊88ページ+別冊24ページ合本函入 3240円(本体3000円+税) 装幀造本=白井敬尚 ISBN978-4-87995-865-5 C1092 \3000E



相澤啓三歌集
光源なき灯台

短歌、定型短詩は日本語の中に生まれ育った者の〈詩の杖〉であるに違いない。歌人には金剛杖、仕込み杖として働いても、頼む処のない詩人にとっては優しい命杖となるだろう。

相澤啓三


相澤啓三 1929年生れ。詩集『冬至の薔薇』『交換』『マンゴー幻想』(高見順賞)『孔雀荘の出来事』『五月の笹が峰』『沈黙の音楽』『罪の変奏』『眼の殃』『ミス・プリーのとろけもの園遊会』『墜ちよ少年』『裸のままの十の詩その他の詩』『肉の鋏』『声の森・氷の肋』『北方』『狂気の処女の唄』、歌集『風の仕事』、詩画集(共著)『仏陀の旅』(福田徳郎と)『悪徳の暹羅雙生児もしくは柱とその崩壊』(建石修志と)『魔王連祷*』(横尾龍彦と)、音楽評論『オペラ・アリア・ベスト一○一』『オペラ・オペラ・オペラ!』など。* 示扁に壽


韻律の桎梏ありて晩年の四行詩連(カトラン)といふ自在リルケの
内股の冷気うつそりつくばへり内発のリズム失せて残生

A5変フランス装 218ページ 3240円(本体3000円+税) ISBN978-4-87995-864-8 C1092 \3000E



りぶるどるしおる 77

季村敏夫詩集
日々の、すみか 新版

日々の、すみか。17年前の災厄のただなか思わず口を衝いてきたことば。すみかをなくした東北の災厄のあと、「災間」、時のはざまにたたずむことを改めて考えさせられた。

季村敏夫


季村敏夫 1948年京都市生れ。詩集『豆手帖から』『ノミトビヒヨシマルの独言』(現代詩花椿賞)『木端微塵』(山本健吉賞)『かむなで』『日々の、すみか』ほか、評論『窓の薔薇──モダニズム詩の断層』『山上の蜘蛛──神戸モダニズムと海港都市ノート』(小野十三郎賞特別賞)、エッセイ『災厄と身体──破局と破局のあいだから』など。

失われる。失われつづける。破局の現前と圧倒に心身をさらすしかない人間について。
季村敏夫詩集
そえがき=鵜飼哲「旅のさとり」/細見和之「災厄のただなかで書くこと」

「どこから来て、どこへ」答えを求める問いは禁じられ封じられる。日付すら忘れ、戻りつつ逆らう。(…)道のべの風は、どんな輝きでほほえむのであろうか。

四六変 128ページ 2700円(本体2500円+税) そえがき=鵜飼哲・細見和之 ISBN978-4-87995-861-7 C1392 \2500E



松沢桃詩集
夢階 ゆめのきざはし

ゆめの奥にはなにがあるのか いつも流れてゆく雲のようにこわれてしまう そんな蜃気楼が虜にする時間のはじまる季節こそ おりりてゆくおりてゆく いい知らせ

松沢桃


松沢桃 1948年三重県生れ。詩集『羈旅』『青惑星』『鏡の屈折率』『予感』『風の航跡』


不意に往ってしまった人の背影によびかける……
よりそって運ぶ歩一歩が影をより深くするだろう。

A5変函入 104ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=松沢桃 ISBN978-4-87995-862-4 C1092 \2500E




重延鈴人詩集
秋韻

一行詩しか書けなくなってしまった近年の自分、それでも詩を書きつづけよう、詩は文字どおりユニヴァースなのだから。

重延鈴人


重延鈴人 1937年東京生れ。1962-3年「三田詩人」同人。著書『音玄機──重延鈴人詩作品集』

枯れ枝でつるし柿を見ている鴉。
枯れ枝でつむじ風を待っている鴉。

動乱の朝をたえている彼の頭蓋にはまるい小さな青空が映っている。
口を開けて闇をそっと吐き出す。
それから彼は飛び去り、狂風にとけ入る。
次の朝、その次の朝も……。

A5変 116ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-860-0 C1092 \2500E



相沢正一郎詩集
プロスペローの庭

甘い味をのこしたまま冷たい水に束ねたスティックニンジンが消えた後のコップ。あしあとの途切れた後の日記のページ。……そんな沈黙と釣り合う、ささやかな葉ずれのことば。

相沢正一郎


相沢正一郎 1950年東京生れ。詩集『テーブルの上のひつじ雲/テーブルの下のミルクティーという名の犬』(藤村記念歴程賞)『パルナッソスへの旅』(H氏賞)『ミツバチの惑星』『ふいに天使が きみのテーブルに着いたとしても』『リチャード・ブローティガンの台所』ほか


そこでも、
日々の難儀はつぎつぎに到来する。かすかなたよりをよすがにとぼとぼ歩む。たよりないたよりであっても何かがみつかるかもしれない。目覚めのとき、耳底に響くかすかな葉ずれの音。小さな手がかりのような。私は颯颯たる風となる。草を薙ぎ樹を躱し…カーテンにからまり自転車にぶつかり……足跡の隠されている道をみつける。

A5変 76ページ 2592円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-859-4 C1092 \2400E




季村敏夫エッセイ集
災厄と身体──破局と破局のあいだから

促される。促され目覚める。書かされる、そのとき言葉は、さらされる身体、ひきつりが始まる。突如消息を断つもの。息がのこされる。記憶は絶えざる現在、「いたましきこと」の手前の事態である。

季村敏夫


季村敏夫 1948年京都生れ。詩集『豆手帖から』『ノミトビヒヨシマルの独言』(現代詩花椿賞)『木端微塵』(山本健吉賞)『かむなで』『日々の、すみか』ほか。評論『窓の微風──モダニズム詩断層』『山上の蜘蛛──神戸モダニズムと海港都市ノート』(小野十三郎賞特別賞)ほか。

今、私たちは何をおもうべきなのか。何をおもうのか。
災禍と惨事の狭間に身を置くより術のない者として。
偶然、生きて在る者として。
「いたましきこと」に目を閉ざすことができぬまま。

四六 144ページ 1944円(本体1800円+税) 装幀=菊地信義



田中宏輔詩集
The Wasteless Land. VII

全篇引用からなる詩集です。

田中宏輔


田中宏輔 1961年、京都生れ。詩集『The Wasteless Land. VI』『The Wasteless Land. V』『The Wasteless Land. IV』『The Wasteless Land. III』『The Wasteless Land. II』『Forest。』『みんな、きみのことが好きだった。』『The Wasteless Land.』『Pastiche』


引用詩集

A5変 120ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-856-3 C1092 \2500E




阿部日奈子詩集
キンディッシュ kindisch

新たな紐帯を夢みる子供っぽい語り手たち。節操がなくて嘘つきで、裏表があって独りよがりの顰蹙をかうような連中なのだが、私が彼ら=私のふつつかな分身を選んだのである。

阿部日奈子


阿部日奈子 1953年生れ。詩集『海曜日の女たち』(高見順賞)『典雅ないきどおり』『植民市の地形』(歴程新鋭賞)

「いまここに
秋空のかなたから到来するのは
見つめあうだけで生計が成りたつユートピア」

これは子供じみた(kindisch)夢想だろうか、
それとも紐帯の刷新だろうか?

菊変 122ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=鳩山郁子 装幀=安達義寛 ISBN978-4-87995-857-0 C1092 \2500E



笹田満由詩集
凱歌

この豊饒なる荒地の中を浮遊しているあなたと、共に口ずさめる言葉さえ見つけられたら…たとえそれが無言歌のようなものであったとしても。

笹田満由


笹田満由 1971年生れ。詩集『閨房詩篇』『子宮と賎』。


沈黙よ、歌え──
遠くひそかに…光をこらえて…

四六変 46ページ 1080円(本体1000円+税) ISBN978-4-87995-855-6 C1092 \1000E



第50回藤村記念歴程賞受賞

野村喜和夫詩集
難解な自転車

自転車が難解であるとはどういうことか。草の規則がなぜ生涯か。元素祭とはどういう祭りであるか。谷底のアポカリプスは何を語るか。問いが渦巻いています。あなたもそれに巻き込まれてみてください。

野村喜和夫


野村喜和夫 1951年生れ。詩集『ヌードな日』『ZOLO』『言葉たちは芝居をつづけよ、つまり移動を、移動を』『plan14』『稲妻狩』『スペクタクル』『街の衣のいちまい下の虹は蛇だ』『ニューインスピレーション』(現代詩花椿賞)『風の配分』(高見順賞)『特性のない陽のもとに』(歴程新鋭賞)『わがリゾート』ほか、英訳詩集『Spectacle & Pigsty』、評論エッセイ『萩原朔太郎』『移動と律動と眩暈と』(以上2作で鮎川信夫賞)『詩のガイアをもとめて』『オルフェウス的主題』ほか、翻訳にドゥーボ『フランス現代詩アンソロジー』P.プチフィス『ポール・ヴェルレーヌ』など。

ときおり私は
もう外の世界をみたくなくて
眼をつむることがある

…すると不意に現われる自転車。そしてまた不意に姿を消す自転車。どうしたんだろう。どうした訳合いによるのだろうか。そもそも「在る」ってどういうことなんだろう…

出てこいよ


悲鳴に先立たれて
おまえは在る

菊変 208ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-854-9 C1092 \2800E



第44回埼玉文芸賞詩部門、第18回埼玉詩人賞受賞
植村秋江詩集
蟬坂

昨日より今日の私が好きだと思う。草と語り、木に問われ、風に気付かされ、齢を重ねて見えてくるものがある。そのような日々の感慨を、虚心に伝えたい。

植村秋江


植村秋江 1933年、高知県生れ。詩集『滞在許可証』『はるにれのうた』『魚は水に』


夕陽のかげりはじめた坂を下る。やや足早に。あるいはゆっくりと、やさしいきもちになって。明日? 明日のことはわからないけれども、そっと背をおす風に思いをあずけている。

A5 146ページ 2808円(本体2600円+税) 装画=杜みち子 ISBN978-4-87995-853-2 C1092 \2600E




茨城文学賞詩部門受賞

神泉薫詩集
あおい、母

わたくしたち人間の とおい記憶に宿る あおい、星 あおい、母 へと ことばのもろ手を伸ばす 今 頁をめくる あなたの風が もうひとつの春を 呼び覚ます───

神泉薫


神泉薫 1971年茨城県生れ。詩集(中村恵美の筆名による)『十字路』『火よ!』(中原中也賞)、英訳詩集『Flame』

──そこにいたの?
──いつもいるんだね──

そうだ。翼を痛めた小鳥を凍える風からかばわねばならないから。
旅立つ小鳥たちが未知の光の方へと羽搏くのを見送らなければならない。
その囀りが歓びの声であることを信じなければならない。

A5変 146ページ 2808円(本体2600円+税) 装画=大島龍 ISBN978-4-87995-852-5 C1092 \2600E



峰岸了子詩集
いつしか 風になる

静かな湖面に漣が走る。目に見えるものはない。だが湖底に存在するものの気配。それは生まれたがっている。私は生まれたがっている言葉に光を与えた。言葉は生まれ詩集になった。

峰岸了子


峰岸了子 1944年生れ。詩集『かあさん』『恋文みたいに』『三月の溺死』『たかが詩されど詩』『未知の季節に生きるのは』『習性のためのデッサン』『さらにもうひとつの朝が』、詩画集『私の神は』『過去からの手紙』、アンソロジー『Continuation of Tomorrow 明日の続き』


わたしの旅はまださなか──
くたびれた靴をひきずってはいるが、永遠への第一日目、あしたの朝へと歩をすすめることさえできれば。コスモス色に染まる未来の野を舞う風となれれば。

A5変 144ページ 2808円(本体2600円+税) 装画=峰岸伸輔 ISBN978-4-87995-850-1 C1092 \2600E




季村敏夫詩集
豆手帖から

ありえない光、見たことのない痕跡をあらわにする光景。いまだあらわれざるものの、不在のままの顕現なのか。わからない、わからないと波うちぎわ、小さな手帳に向かう。

季村敏夫


季村敏夫 1948年京都市生れ。詩集『ノミトビヒヨシマルの独言』(現代詩花椿賞)『木端微塵』(山本健吉賞詩部門)『かむなで』『日々の、すみか』ほか、評論『窓の微風──モダニズム詩断層』『山上の蜘蛛──神戸モダニズムと海港都市ノート』(小野十三郎賞特別賞)ほか。

うなだれる 男よ
ここへ 来て
おおいかぶさればよい

無惨な三月、ありえぬものの現れの前で、ただ立ち竦む小さな背に。うろたえる旅の者をふりかえり、童子は駆けてゆくだろう。誰のものとも知れぬ遠い呼び声をたぐるように。

B6変 114ページ 2160円(本体2000円+税) 装幀=間村俊一 ISBN978-4-87995-851-8 C1092 \2000E



第18回中原中也賞受賞
細田傳造詩集
谷間の百合

高度を下げた飛行機の窓からウリナラの川が山並みが見えてきた。もうすぐ着くね。五歳のこどもはうすくわらった。地平線とか水平線とか、時間とかへのかれの軽蔑がわたしの本になった。

細田傳造


細田傳造 1943年東京生れ。本書は著者の第一詩集である。


五月の風にひとはやさしい
なぜ?

…わからない。けれども、おさなごの日々ととしよりの時間が切り結び、やわらかく、くっきりと芽吹くものがある。私たちの来し方と未来に同時に触る何事かが生じている。

A5変 116ページ 2700円(本体2500円+税) 装画=森雅代 ISBN978-4-87995-848-8 C1092 \2500E




木村迪夫詩集
飛ぶ男

18歳の頃から詩を書いてきた。あれから60年、飽きもせず書き続けてきたものだと自分でも思うことしきり。その詩作品の全てが、村生活であり、農作業のうたであり、村で生きていく悩みの日常に浸る心情であった。わたしは決してうまくもない詩を書き続けることによって生きてこられたような気がする。詩作は即わたしの精神史そのものである。今日まで生きてこられたのは詩の力にほかならないと信じている。

木村迪夫


木村迪夫 1935年山形生れ、上山市在住。詩集『光る朝』(丸山薫賞)『朗読詩集・まぎれ野へ』『いろはにほへとちりぬるを』(現代詩人賞)『マギノ村・夢日記』『まぎれ野の』『えれじい』『詩信・村の幻へ』『地郷』『喪牛記』『若い仲間たちへ贈る言葉』『わが中国紀行』『わが八月十五日』『何かが欠けている』『生きている家』、エッセイ評論『山形の村に赤い鳥が飛んできた』『八月十五日』『収集車人民服務号』『くだものずいそう─〈農〉イメージ再構築に向けて』『減反騒動記』『ゴミ屋の記』、編著『遥かなる足あと─四十年たった戦没家族の手記』『講座日本農民 農民と都市住民』、共著『講座農を生きる 歴史をふまえて』

…佇むな/立ちどまるな/ふたたびの春にそなえよ…
幾多の季節を、雪に埋もれ、稔りの山坂に転びつづけている男が、「おおおーっ」と地を蹴り宙に飛ぶ。この村の土に吸われ沈みゆくその声は、誰の叫びか。

菊変 150ページ 3024円(本体2800円+税) 装幀=菊地信義 ISBN978-4-87995-849-5 C1092 \2800E



杉山弘子詩集
不束もの

無意の眺めに捉われていたか とも思え 枯野に白く光り揺る尾花の美しさは 万有の舞妃に思われ 此れからの途も拓き とも言えば 端なさを言うだけに思えながら 生きて行く為に もう一息と思うのです

杉山弘子


杉山弘子 詩集『夜陰の梢』『限られた庭にどうぞ』『ひばり ひばり』『真昼の空』『糸の眺め』『無の報告』


A5変 110ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-844-0 C1092 \2500E




杉山弘子詩集
もしも僕が居なかったら

開かずの間の 襖の縁に古釘でも打ち 抉じ開けようとする積りでも在ろうかと思われよう とも思えば 自分ながら おかしいもの 明日になれば 何に靡くやも知れません

杉山弘子


杉山弘子 詩集『夜陰の梢』『限られた庭にどうぞ』『ひばり ひばり』『真昼の空』『糸の眺め』『無の報告』

A5変 106ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-845-7 C1092 \2500E



高柳誠詩集
大地の貌、火の声/星辰の歌、血の闇

大地に浮かび上がる死者たちの貌。星空から降り注ぐ宇宙の音楽。運命に弄ばれるまま肉親の間で葛藤する、ギリシア悲劇の人物をモチーフに、内なる声を響かせてみました。

高柳誠


高柳誠 1950年生れ。詩集『光うち震える岸へ』『鉱石譜』『廃墟の月時計/風の対位法』『半裸の幼児』『夢々忘るる勿れ』『万象のメテオール』『星間の採譜術』(装画=小林健二)『触感の解析学』(装画=北川健次)『月光の遠近法』(装画=建石修志)(以上3冊にて藤村記念歴程賞)『イマージュへのオマージュ』『塔』『樹的世界』『アダムズ兄弟商会カタログ第23集』『都市の肖像』(高見順賞)『高柳誠詩集・詩生成7』『綾取り人』『卵宇宙/水晶宮/博物誌』(H氏賞)『アリスランド』、著書『リーメンシュナイダー 中世最後の彫刻家』


運命はあらがうべきものなのか。あらがうことが運命なのか。
大地と天空の深いしずもりの底で、幾たびも幾たびも発せられる自問、嗟嘆。
よびおこされる誰のものでもない記憶、すべてのものの記憶。

わたしは荒れ野を歩いてきた。
腫れて痛む足で歩いてきた。

A5変 162ページ 3024円(本体2800円+税) 装幀=間村俊一 ISBN978-4-87995-847-1 C1092 \2800E





中江俊夫詩集
かげろうの屋形

長い遠い時間と元手をかけた詩句(らしきもの)を、一瞬に軽々と読みとり、君の体に呑み込んでほしい。さて、はずかし気もないその作者は私(中江)ではなく時自身ではないか。

中江俊夫


中江俊夫 1933年、福岡県久留米市生れ。詩集『伝言』『田舎詩集』『梨のつぶて』(丸山薫賞)『気球状』『就航者たち』『うそうた』『頭東足西』『無作法者』『火と藍』『語彙集』(高見順賞)『20の詩と鎮魂歌』『拒否』『暗星のうた』『魚のなかの時間』ほか。

東作さんはかげろうの屋形で 今も生きている
──何度目のことになるか、また名を変えて、
人の世の記憶をごちゃごちゃに掻き廻している。
空はあくまで青い。
猫の「はな」はいず、
嘘をつくことにもあきたのだが…。

菊変 130ページ 3024円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-846-4 C1092 \2800E




ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ詩集/伊藤勳=訳
いのちの家

ラファエロ前派の旗手にして英国唯美主義文学の鼻祖、詩人・画家ダンテ・G・ロセッティ畢生のソネット連作102篇、『いのちの家』本邦初の完訳。美の宗教の極致を窮める。

伊藤勳


ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ 1828−1882。イギリスの詩人・画家。画家としては〈ラファエロ前派〉を形成・主導し、憂愁深い女性像「ベアタ・ベアトリクス」「プロセルピナ」などで広く知られる。〈美〉と〈愛〉が〈いのち〉の根幹・拠所であるとする生命観から詩作にあたる。詩集に『バラッドとソネット』『詩集』。
伊藤勳 1949年、岐阜県生れ。愛知大学教授。著書『加藤郁乎新論』『ペイタリアン西脇順三郎』『ペイタア──美の探究』、訳書ベンソン『ウォルター・ペイター』シモンズ『ワイルドとペイター』他、詩集『風紋』『一元の音』『流光』


すべてが空しくなつたとき何が忘れ得ぬ苦しみをなだめ/忘れられないでゐる者に忘れることを教へてくれるのだらうか――苦悩と悔恨の底から見つめる愛と生

菊変 280ページ 4968円(本体4600円+税) 装画=ロセッティ自画像 ISBN978-4-87995-843-3 C1098 \4600E





大平常元詩集
学校 抄

とおざかって ゆく こと に よびかける の か/ちかづいてくる もの に よびかけ たぐりよせよう と するのか/おーい と ことば に いや にんげん に よびかけ て みます

大平常元


大平常元 1937年、仙台生れ。仙台現代詩研究会・詩誌「縄」主宰。詩集『ガラス容器』

おーい と よびかけてみた
    ……よびかけてみる

菊変 48ページ 1296円(本体1200円+税) ISBN978-4-87995-841-9 C1092 \1200E


特装限定版『ガラス容器 付 学校抄』のご案内:詩集〈ガラス容器〉を和紙に印刷し、和紙と牛革を用いて造本、詩集〈学校抄〉と併せて函に収めた、20部限定詩集です。2月下旬発売。定価*本体45000円+税。


荒木時彦詩集
sketches 2

「一人の人間が生きていく、とはどういうことなのか?」。あいかわらず、それを考えていた。この詩集を編むうち、「一人の人間」とは、まぎれもなく僕なのだと気付いた。「僕が生きていく、とはどういうことなのか?」。問いが、少しだけ変わった。

荒木時彦


荒木時彦1972年生れ。詩集『sketches』『〈非〉の兆候、およびマテリアについて』『フォルマ、識閾、その歩行』『静かな祝祭──パパゲーノとその後日談』『版画、ウミガメ、タイプライターとその周辺の欲望について』『あなたが出かけてしまったあとに──24の断章』


小さく響きをかわす――小鳥…「WE ARE ALL ALONE」…仰向けのシャチ…庭の木…黒いTシャツ…小鳥…バター・トースト…竹馬――いろいろなこと…僕…何処から…何処へ

A5変 48ページ 1944円(本体1800円+税) ISBN978-4-87995-840-2 C1092 \1800E





高啓詩集
女のいない七月

日々を生きるだけのぼくたちの日々/(…)/この盆地の見飽きた街角と/その向こうの狂おしいほど移り気な四季の山並み/抉られて、放射線焼けしてしなびた乳房のうえに/ぼくときみの世界はしずかに眠っている

高啓


高啓 1957年秋田県生れ。山形市在住。詩集『ザック・デ・ラ・ロッチャは何処へいった?』『母を消す日』『母のない子は日に一度死ぬ』ほか

この世でただひとつ鮮やかな意味――そんなものは存在しないのよ…それでも、おれたちは苦悶と虚妄の時を振り払って、戻れぬ坂を越えてゆく。その向うに、おれときみの日々はまだしずかに眠っている。

A5変 100ページ 2700円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-839-6 C1092 \2500E



岡井隆論集
森鷗外の『うた日記』

森鷗外が日露戦争に軍医部長として従軍した時、軍旅の中で作った詩、短歌、俳句が『うた日記』である。その一つ一つを二年ほどかけて読み解いてみたのがこの本の内容である。

岡井隆


岡井隆1928年生れ。歌人。著書に、歌集『静かな生活』『X―述懐スル私』(短歌新聞社賞)『ネフスキイ』(小野市詩歌文学賞)『家常茶飯』『馴鹿時代今か来向ふ』(読売文学賞)『伊太利亜』『臓器』『E/T』『ヴォツェク/海と陸』(毎日芸術賞)『鵞卵亭』『土地よ、痛みを負え』『斉唱』『岡井隆全歌集』全四巻(藤村記念歴程賞)ほか、詩集『注解する者』(高見順賞)ほか、評論エッセイに『鷗外・茂吉・杢太郎』『赤光』の生誕』『ぼくの交遊録』『旅のあとさき、詩歌のあれこれ』『茂吉と現代』『歌を創るこころ』『短歌の現代』など多数。


本書の本文は9ポイント活字で版を組み、原版印刷をしています(内外文字印刷)。森鷗外『うた日記』の一部分を再現する口絵16ページと扉はオフセット印刷です(石塚印刷)。表紙・カバーは箔押で、全体をかがり綴じしてあります(日進堂製本)。

森鷗外の生誕から150年。その間に、世界は大きく動揺し、激しく変貌した……軍医部長として日露戦争に従軍した鷗外の詩歌句集日記をつぶさにたどることで、私たちは、私たちの「今」と鷗外の「今」を問い直すことができるのではないだろうか。

四六 276ページ・口絵16ページ 3456円(本体3200円+税) ISBN978-4-87995-838-9 C1095 \3200E





大高 久志 空に映す A5変 124ページ 2310円(本体2200円+税) ISBN978-4-87995-822-8
岩﨑 風子 玻璃となって A5変 116ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-835-8
中村 鐵太郎 ポンパドゥール 菊変函入 95ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN978-4-87995-833-4
青山 雨子 白い地図 A5変 72ページ 2310円(本体2200円+税) ISBN978-4-87995-834-1
高橋 睦郎 何処へ A5変 144ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-832-7
釣部 与志 けもの道 風の辻 A5変 144ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-831-0
田中 宏輔 The Wasteless Land. VI A5変略フランス装 122ページ 2310円(本体2200円+税) ISBN978-4-87995-830-3
吉増 剛造 裸のメモ B5変 104ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-829-7
新延 拳 背後の時計 A5変 124ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-826-6
黒岩 隆 あかときまで 菊変略フランス装 74ページ 2310円(本体2200円+税) ISBN978-4-87995-828-0
岬 多可子 静かに、毀れている庭 A5変 136ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-823-5
林 美脉子 宙音 菊変略フランス装 58ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-820-4
渡辺 宗子 麦笛のかなた B5変 152ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-819-8
鈴木 研之輔 緑の帽子 B5 152ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN978-4-87995-817-4
亀井 知永子 虹はゼロに満たない A5変略フランス装 150ページ 2520円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-815-0
南保 俊雄 擬制の含み笑い 菊変 136ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-814-3
季村 敏夫 ノミトビヒヨシマルの独言 A5変 184ページ 2730円(本体2600円+税) ISBN978-4-87995-812-9

高橋 順子 高橋順子詩集成 四六 309ページ 3675円(本体3500円+税) ISBN4-87995-394-69
重版池澤 夏樹 池澤夏樹詩集成 四六 222ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-373-39
矢川 澄子 新装版 矢川澄子作品集成 四六 700ページ 7875円(本体7500円+税) ISBN4-87995-465-9 C1093 \7500E
伊藤 聚 伊藤聚詩集成 四六 608ページ 7875円(本体7500円+税) ISBN4-87995-510-8
辻 征夫 辻征夫詩集成 新版 四六 642ページ 5040円(本体4800円+税) ISBN4-87995-585-X 図書館協会選定図書

築山 登美夫 詩的クロノス 四六 352ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN978-4-87995-836-5
財部 鳥子 猫柳祭 犀星の満州 四六変 154ページ 1890円(本体1800円+税) ISBN978-4-87995-827-3
野村 喜和夫 移動と律動と眩暈と 四六変 216ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN978-4-87995-818-1
林 浩平 裸形の言ノ葉 四六 202ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-724-5
重版白石 かずこ 詩の風景・詩人の肖像 菊変 466ページ 3675円(本体3500円+税) ISBN978-4-87995-723-8
小野 正和 旅する言葉 四六変 116ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN978-4-87995-698-9
関根 賢司 古典漂泊 A5変略フランス装 224ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-666-X
高橋 睦郎 歌枕合 四六変 180ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-655-4
石井 茂 匣の中の宙 A4変函入 80ページ 4200円(本体4000円+税) ISBN4-87995-651-1
岡井 隆 『赤光』の生誕 四六 476ページ 3990円(本体3800円+税) ISBN4-87995-637-6 図書館協会選定図書
片岡 直子 おひさまのかぞえかた 四六 282ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-636-8
川崎 洋 旅ゆけば 四六 216ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-561-2
吉増 剛造 ブラジル日記 四六変 190ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-540-X
秋元 幸人 吉岡実アラベスク 四六上製カバー装 500ページ 3990円(本体3800円+税) ISBN4-87995-543-4
森 乾 父・金子光晴伝 夜の果てへの旅 四六上製カバー装 400ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-542-6
山内 由紀人 神と出会う 高橋たか子論 四六 360ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-537-X
重版辻 征夫 ゴーシュの肖像 四六 370ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-536-1
重版人形制作=四谷 シモン/写真撮影=篠山 紀信 NARCISSISME 四六倍函入 136+72ページ 3990円(本体3800円+税) ISBN4-87995-443-8
清水 哲男 蒐集週々集 四六変 329ページ 2447円(本体2331円+税)
池澤 夏樹 星界からの報告 四六変 142ページ 2039円(本体1942円+税)
中村 鐵太郎 詩について ──蒙昧一撃 四六変 316ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-435-7
重版石井 辰彦 現代詩としての短歌 四六変 305ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-473-X
宇野 邦一 他者論序説 四六変 261ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-483-7
近刊ピエル・パオロ・パゾリーニ/訳=和田 忠彦 映像の詩・詩の映像

藤井 貞和 うた ゆくりなく夏姿するきみは去り 四六変 144ページ 2520円(本体2400円+税) ISBN978-4-87995-825-9
石井 辰彦 詩を弃て去つて A5変 172ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN978-4-87995-816-7
清水 哲男 打つや太鼓 B6変フランス装(172×106 128ページ 1890円(本体1800円+税) ISBN4-87995-583-3
吉岡 実 奴草 四六変函入 128ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-575-2
重版岡井 隆 E/T 四六変 164ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-530-2
森内 俊雄 空にはメトロノーム A5変函入フランス装 136ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-578-7
関口 涼子 二つの市場、ふたたび 四六変 90ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-512-4
辻 征夫 ボートを漕ぐもう一人の婦人の肖像 127ページ 1890円(本体1800円+税) ISBN4-87995-464-0
飯島 耕一 六波羅カプリチョス 四六変函入 240ページ 2940円(本体2800円+税) ISBN4-87995-460-8
辻 征夫 絵本摩天楼物語   菊変函入 127ページ 2940円(本体2800円+税)
江代 充 黒球 四六変 143ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-415-2

イーディス・シットウェル/訳=藤本 真理子 惑星の蔓 イーディス・シットウェル詩集 四六 516ページ 5040円(本体4800円+税) ISBN978-4-87995-824-2
重版フリードリヒ・ニーチェ/訳=河内 信弘 ニーチェ詩集 菊変 320ページ 3990円(本体3800円+税) ISBN978-4-87995-700-9
サン=ジョン・ペルス/訳=有田 忠郎  菊変略フランス装 232ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN4-87995-694-5
アウグスト・モンテロッソ/訳=服部 綾乃、石川 隆介 黒い羊 他 菊変 160ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-677-5
ニコライ・コーノノフ/訳=たなか あきみつ さんざめき 四六変 188ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-657-0
ジョナス・メカス/訳=村田 郁夫 どこにもないところからの手紙 四六変 201ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-654-6
エズラ・パウンド/訳=小野 正和、岩原 康夫 大祓 菊変 268ページ 3570円(本体3400円+税) ISBN4-87995-643-0
ジェイムズ・メリル/訳=志村 正雄 ミラベルの数の書 菊変 480ページ 4725円(本体4500円+税) ISBN4-87995-632-5
パブロ・ネルーダ/訳=野谷 文昭 マチュピチュの頂 菊変 120ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-624-4
クリスティアン・モルゲンシュテルン/訳=種村 季弘 絞首台の歌 A5変 292ページ 3675円(本体3500円+税) ISBN4-87995-569-8
オクタビオ・パス/訳=野谷 文昭 鷲か太陽か? 四六変 212ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-555-8
イヴァン・ジダーノフ/訳=たなか あきみつ 太陽の場所 菊変 188ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-532-9
アンリ・ボーショー/訳=宮原 庸太郎 アンチゴネ 四六変 477ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN4-87995-517-5
トリスタン・ツァラ/訳=宮原 庸太郎 アンチピリン氏はじめて天空冒険 菊変 296ページ 3675円(本体3500円+税) ISBN4-87995-507-8
吉田 裕 バタイユの迷宮 四六 312ページ 3360円(本体3200円+税) ISBN978-4-87995-701-6
ジョルジュ・バタイユ、吉田 裕 聖女たち バタイユの遺稿から 四六変 172ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-309-1
ジョルジュ・バタイユ、吉田 裕 物質の政治学 バタイユ・マテリアリストII 四六変 259ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-502-7
ジョルジュ・バタイユ、吉田 裕 異質学の試み バタイユ・マテリアリストI 四六変 305ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN4-87995-501-9
戈 麦/訳=是永 駿 戈麦(ゴーマイ)詩集 四六変 208ページ 2625円(本体2500円+税) ISBN4-87995-498-5
ジェイムズ・メリル/訳=志村 正雄 イーフレイムの書 菊変 237ページ 3360円(本体3200円+税) ISBN4-87995-496-9
ゲンナジイ・アイギ/訳=たなか あきみつ アイギ詩集 四六変 205ページ 2549円(本体2428円+税) ISBN4-87995-400-4
アレクサンドル・ソクーロフ/訳=児島 宏子 チェーホフが蘇える 四六変 157ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-418-7
エドモン・ジャベス/訳=鈴村 和成 小冊子を腕に抱く異邦人 四六変 229ページ 3150円(本体3000円+税) ISBN4-87995-427-6
サミュエル・ベケット/訳=高橋 康也、宇野 邦一 また終わるために 四六変 123ページ 2100円(本体2000円+税) ISBN4-87995-420-9
エマ・サントス/訳=岡本 澄子 去勢されない女 LA MALCASTREE 四六変 222ページ 2549円(本体2428円+税)
るしおる 62 菊変 112ページ 1260円(本体1200円+税) ISBN4-87995-688-0
るしおる 61 菊変 112ページ 1260円(本体1200円+税) ISBN4-87995-682-1
るしおる 60 菊変 118ページ 1260円(本体1200円+税) ISBN4-87995-671-6

ご注文は以下のアイコンをクリックしてどうぞ。
ブックサービス アマゾン 全国書店ネットワーク セブンアンドワイ


[フロントページ] [ヘルプ] [新刊・近刊] [るしおる] [りぶるどるしおる] [ライト・ヴァース] [潭] [著者リスト] [クロニクル] [主要取扱書店一覧] [変更履歴]