蟄」隱槭′逕懃糖縺ョ句

July 3072009

 水中に母の隠れ家真桑瓜

                           磯貝碧蹄館

舎の裏庭の噴井戸に大きな真桑瓜がごろんと沈められているのだろう。冷蔵庫ではなく片蔭に置かれた盥や噴井に冷やされているスイカや瓜は懐かしく記憶に残る光景である。「隠れ家」という秘密の匂いのする言葉と真桑瓜が響きあって、とてもいい雰囲気だ。オール電化された今の家では家事も早々に終わってしまうけど、昔の母は忙しかった。子供達には夏休みがあるけれど、日常の家事に休みはない。朝から晩まで家族のために台所や畑で、忙しく立ち働く母親を大変だなぁと見ていたのだろう。ゆっくり休む時間も場所もないお母さんのために逃げ場所を作ってあげたいと願う心が涼しげな水中の真桑瓜に母の隠れ家を想像したのかもしれない。そう思うとしんとした水に沈んでいるうすみどり色の真桑瓜の影に小さな母が身体を伸ばして休んでいる様子が絵本の一場面のように浮かんできて楽しい。『磯貝碧蹄館集』(1981)所収。(三宅やよい)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます