蟄」隱槭′迚譬励ョ闃ア縺ョ句

April 0941999

 片栗の一つの花の花盛り

                           高野素十

球のピッチャーの投法になぞらえれば、この句の技巧は「チェンジ・アップ」というやつだ。速球を投げるのとまったく同じフォームと勢いで、例えば物凄く緩(ゆる)い球を投げるのだ。素十というおっさんは、写生という速球投法を金科玉条としながらも、なかなかに喰えないボールを放ってくるので油断がならない。だって、そうではないか。片栗の花なんてものは、桜などとは違って、はなやかでもなんでもないし、その地味な花のたった一つをとらまえて「花盛り」もないものだ。よく言うよ。しかし、言われてみると、どんな花にも盛りはたしかにあるわけで、読者はみんな「うーむ」と唸ってしまう。プロのテクニックである。見事な技だ。こんな技を知ってから、片栗の花を見ると、なんだか違う魅力を覚えたりするから妙でもある。この片栗の花を、私の番組にブーケにして持ってきてくださった女性がいる。彼女は、八百屋で求めた食用の花を「もったいないので、花束にしてきた」という。東北産の一束が、およそ三百円弱。片栗の若葉は食用になるが、まさか八百屋で売っているとはねエ。これまた、田舎育ちの私には、強烈なチェンジ・アップを投げられた気分であった。見逃しの三振だった。『野花集』(1953)所収。(清水哲男)


April 1842001

 かたくりの明日ひらく花虔しき

                           石田あき子

い句なのだが、問題なきにしもあらず。「虔しき」の読み方だ。字面から連想するに、おそらく「つつましき」と読んでほしいのだろう。しかし「虔」は、「慎」の字を「つつましい」「つつしむ」と両方に読むようには融通がきかない。訓読みでは「つつしむ」としか読まない。音読みは「敬虔(けいけん)」の「けん」である。初読ではそこに無理を感じるけれど、まだ咲いていない「明日ひらく花」の姿を、あたかも眼前で咲いているように「虔しき」と断言したことで、作者の思いがくっきりと浮き上がった。片栗の花の可憐さの奥にある心映えは、すでに「明日ひらく花」にも見えており、見えているからこその断定である。人品ならぬ「花品」がにじみ出ていると花を詠む気持ちには、私もかくありたいと祈る作者の心が込められているだろう。となれば「慎ましき」ではなくて、祈りの意味のこもった「虔」の字を用いたい。「明日ひらく花」は、どうあっても「敬虔」な姿をしていなければならないのだ。すなわち「虔しき」は、誤用であって誤用にあらずというのが私の結論である。俳句の一文字一文字は視覚的にも命だから、この「虔」の一文字は換えられないだろう。他の文字に取り換えるくらいなら、いさぎよく抹消したほうがよいと作者は思うだろうし、一読者たる私も思う。片栗の花を見るたびに、掲句を思い出すことになりそうだ。『今はじめる人のための俳句歳時記・春』(1997・角川書店)所載。(清水哲男)




『旅』や『風』などのキーワードからも検索できます