見つかった男の子



先へ先へと漂う光に誘い出され
寂しい沼地で迷子になって泣いている子ども。
しかし、神様はいつも近くで見守っておられます。
白い光に包まれて父のように姿を現わされたのでした。

神様は、坊やにやさしく口づけすると、その手を引き、
心配のあまり真っ青になって、寂しい谷間を
くぐり抜けてきた母親のもとに導かれました。
泣かないで、坊や。もう大丈夫だよ





|ホームページ||詩|
|目次||前頁(迷子になった男の子)||次頁(笑いのうた)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp