ああ、ひまわりよ



ああ、時に倦んだひまわりよ!
旅人が旅を終える
甘い黄金の土地を求めて、
日の歩みを数えるもの。

望みを奪われた若者と
雪に覆われた乙女が
墓場からふらふらと立ち上がるところ。
お前はそんなところに行きたいのか。





|ホームページ||詩|
|目次||前頁(私のかわいい薔薇の木)||次頁(ゆり)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp