私のかわいい薔薇の木



花をあげようというのだった。
五月さえも生み出せない素敵な花、
しかしかわいい薔薇の木がありますから
と言ってその花はやり過ごしたのだ。

そして私のかわいい薔薇の木に向かい、
昼となく夜となくかわいがった。
しかし薔薇はやきもちやいてそっぽを向いた。
私の歓びときたら彼女のとげばかり。





|ホームページ||詩|
|目次||前頁(虎)||次頁(ああ、ひまわりよ)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp