乳母のうた



子どもたちの声が緑に響き
ささやきが谷をうめつくすとき、
若き日の思い出が鮮やかに蘇り
私のほほは妬みに青ざめる。

日は沈んだ、夜露も浮かぶ
子どもたち帰っておいで。
遊んでいるうちに春も昼も消え失せる
冬と夜は偽りのうちに費やされる。





|ホームページ||詩|
|目次||前頁(煙突掃除の少年)||次頁(病める薔薇)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp