地獄の箴言



種まきどきに学び、収穫どきに教え、冬に楽しめ。
死者の骨の上に車を引き、犁を下ろせ。
過剰の道は、知恵の宮殿に通ずる。
慎重は、無能に言い寄られる年老いた金持ちの醜い処女である。
望みながら行動を起こさない者は、悪疫を生む。
切られた虫は、犁を許す。
水を好む者は、川に浸せ。
愚者が見る木と賢人が見る木は同じではない。
表情に輝きのない者は、星にはなれない。
永遠は、時間の産物を喜ぶ。
忙しい蜂に悲しむ暇はない。
愚者の時間は時計で測れるが、賢人の時間は測れない。
健全な食物を得るのに網や罠はいらない。
飢饉の年には数、重さ、大きさのあるものを作れ。
自らの羽で飛ぶ鳥に高く飛び過ぎるということはない。
死体は傷に復讐しない。
もっとも崇高な行為は、他者に譲ることである。
自らの愚かさにこだわる愚者は、賢人になる。
愚鈍は不正を包む衣である。
羞恥心は自惚れを包む衣である。
牢獄は法の石によって建てられ、売春宿は宗教の煉瓦によって建てられる。
孔雀の自惚れは、神の栄光である。
山羊の肉欲は、神の贈り物である。
獅子の怒りは、神の知恵である。
女の裸体は、神の作品である。
過剰な悲しみは笑いを呼び、過剰な歓びは涙を呼ぶ。
獅子の咆哮、狼の唸り、嵐の海のうねり、破壊の剣は、人間には計り知れぬ永遠の栄光の一端である。
狐は自分ではなく、罠を非難する。
歓びが孕み、悲しみが生む。
男には獅子の皮、女には羊の毛を着せよ。
鳥の巣、蜘蛛の糸は、人の友情。
勝手に微笑っている愚者やむっつりと眉をしかめている愚者は、権威があるように見えるので、賢人だと思われる。
今、証明されているものは、かつては想像されただけに過ぎない。
大鼠、家鼠、狐、兎は根元を見るが、獅子、虎、馬、象は果実を見る。
水槽は包み、泉はあふれ出させる。
一つの思いが無限を満たす。
自分の意思をいつでも明らかにできるようにしておけば、卑しい人間は近寄らない。
信じることができるあらゆるものは、真実を反映している。
烏に学ぶことほど鷲にとってひどい時間の無駄はない。
狐は自分の身を守るが、神は獅子の身を養う。
朝考え、昼行動し、夕方に食べ、夜は眠れ。
人に欺かれるままにされている人は、相手を知っている。
鋤が意思に従うように、神は祈りに報いる。
怒れる虎は訓練された馬よりも賢い。
澱んだ水を見たら毒があると思え。
充分以上のものを知らなければ、何が充分かはわからない。
愚者の非難には立派なお題目がある。
目は火、鼻孔は空気、口は水、髯は大地。
勇気に欠ける者は、奸智に長ける。
林檎が山毛欅に実のつけ方を尋ねることはなく、獅子が馬に獲物の捕え方を尋ねることはない。
贈り物に感謝する者は、豊作に恵まれる。
ほかに莫迦になった者がいなければ、自分がなるべきだ。
歓びに包まれた魂は、決して汚されない。
鷲を見るということは、精霊の一端を窺うということだ。頭を上げよ。
毛虫が一番柔らかい葉に卵を生むように、祭司は最良の歓びを呪う。
小さな花を作るにも、数世代の力が必要だ。
非難は縛り、賞賛は解き放つ。
最良の葡萄酒は最古の葡萄酒。最良の水は最新の水。
祈りを耕すな! 賞賛を収穫するな!
喜びを笑うな! 悲しみを泣くな!
頭は崇高、心臓は悲痛、性器は美、手足は均整
鳥には空、魚には海、卑しむべき者には侮辱。
烏はすべてが黒ければと嘆き、梟はすべてが白ければと嘆く。
充溢は美である。
獅子が狐の意見を聞いていたら、狡猾者になっていただろう
改良は直線的な道を作るが、精霊の道は改良の余地なく曲折している。
満たされぬ欲望を育てるより、ゆりかごにいるうちに殺す方がましだ。
人がいない土地は不毛だ。
真実は、理解されるように語ることはできないし、信じられないように語ることもできない。
   充分に、でなければ充分以上に。





|ホームページ||詩|
|目次||前頁(記憶に残る幻想)||次頁(*)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp