主題



リントラが叫び、重い空に炎を振りかざす。
餓えた雲が海に垂れ下がる。

かつて危険な細道を進んだ従順な
正義の人は、死の谷でも
道を踏み外さなかった。
薔薇は棘の伸びた先に咲く。
蜜蜂は不毛の
荒地に歌う。

そして、危険な細道は耕された。
あらゆる断崖、あらゆる墓に
川が流れ、泉が湧いた。
そして白骨の上には
赤い土が芽を出した。

そこで悪党どもが安楽の道を去り、
危険な細道に侵入して、正義の人を
不毛の地に追いやった。

今や卑劣な蛇蝎が腰を低くして
おとなしそうな顔をして歩いている。
正義の人は獅子のうろつく荒野で
激怒にかられて絶叫している。

リントラが叫び、重い空に炎を振りかざす。
餓えた雲が海に垂れ下がる。





|ホームページ||詩|
|目次||次頁(*)|
エキスパンドブック版
PDFPDF版
mail: nyagao@longtail.co.jp